毎日の習慣や哲学の実践をつづるブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けています。

感情知性を高める事が大事。

人は考える生き物でありますが、感じる生き物でもあります。どちらも人にとって重要ですが、感じる事はとても重要です。感じること無しに人間は生きる事が出来ません。

 

一体自分は体験した事をどのように感じているのか。そのような事のフィードバックはとても大事です。様々な体験をして、その体験を通じて何かを感じる。そのフィードバック無くして、生きていくのはとても困難です。生きた心地がしません。

 

人間は感じる生き物ですが、考えるという意味では、感じる事も考える事の一部と言えます。感じた事をいかに思考に活かすか。それ無しに生きていくのは難しい事です。いわゆる、感情知性が大事、という事です。

 

考えるという意味では、人は知恵を使って、様々な事を問題解決します。問題解決力は、人間が生きていく事を可能にしているわけですが、問題解決するにも、感情は重要です。

 

感情は人間が感じるリアルですが、特に自分の事に関しては感情を頼りにして生きていく事が重要です。感情はネガティブである事を訴えているのに、感情に反して何かをしようとすると、つらくなります。苦しくなります。人は感情に対して嘘が付けません。感情に従わないと生きる事が心身ともに困難になります。

 

ですから、人が生きていく為には、感情を自分の指針にして生きていかざるを得ません。感情を道しるべにして、それで色んな事を決めていくんです。自分が進んでいく道を決めていくんです。

 

何かを自分が決めて進んでいくのに、感情抜きにしてやる事は出来ません。感情は自分のコアです。

 

そして、感情を常にちゃんとフィードバックするには、冷静でないといけません。心が落ち着いていないと、自分の感情を正しく認識する事が出来ません。

 

自分が今どのように感じているのか。自分がこの体験を通して何を感じているのか。しっかりフィードバックする事が大切です。その為には、心は落ち着いている必要があるのです。

 

忙し過ぎて、余裕が無いのはいけません。それでは感情をフィードバックする事が出来ません。疲れすぎているのもよくありません。疲れ過ぎていると、感じる余裕すらありません。ですから、心も整っている必要があるし、身体も整っている必要があります。そういった事が整ってきたら、自ずと感情知性が高まってくるわけです。

 

人生、焦ってはいけません。急いでもいけません。そして、疲れすぎていてもいけません。心身を十分よい状態にして、心を落ち着かせて、そして、今感じている事をしっかりフィードバックするんです。そのようにして、感情知性を高めるんです。