毎日の習慣や哲学の実践をつづるブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けています。

物事が解かるという事は、経験的であり時間がかかるもので、飛躍的なもの。

色んな事の理解は、時間がかかるわけです。何らかの物事が解かったと感じるのは、何かを考えればすぐに解かるというものではなく、気が付いたら解かる。そういうものです。

 

経験というのは、何かを理解するという事と関係しています。理屈で考えて解かるという事ももちろんありますが、人間が行うより深い理解というのは、そういった論理的な理解ではなく、経験する事で解かる。そういうものです。

 

だから、例えば、今日という日に、何かを理解したという場合、物事の理解においてかなり進歩したと言えるわけで、という一方、さらにより深く理解するという事においては、また時間が必要なわけです。

 

時間がかかるというのは、例えば、経験が必要という事です。何かを経験しているうちに、時間をかけて次第に解ってくる。そういう理解の進み方です。

 

そのような理解というのは、ある意味、理屈による理解とは異なるわけです。それよりも、経験、もしくは、事実として、理解する。そのような仕組みです。

 

色んな科学は、半経験的に理解されることがよくありますが、このような事です。経験を通して、事実を通して、理解される。そのような事です。ですから、それは、論理的でも理屈でもないわけです。

 

だから、何か物事を理解するときは、単線的ではなく、段階的に理解する。そのようなプロセスを経る事が多いです。つまり、しばらくは、何も理解しない期間を経ますが、ある時に階段的に、もしくは、飛躍的に、物事の理解が進むわけです。

 

とは言え、何も理解が進まない期間は、何もしていないわけではありません。色んな事を考えていたり、見たり、経験したりしているわけです。何か学びの期間だったりするわけです。ですが、理解の程度が向上していない期間なだけです。

 

そして、ある時、何らかの理解のためのパーツがそろったとき、突然飛躍的に理解が進むわけです。

 

ですから、何か物事を理解するという場合は、どうしても時間がかかってしまうわけですから、焦る必要はありません。焦っても仕方がありません。何かを理解するとは、そういうプロセスなのです。

 

そういう意味で、何かが解かったという場合は、それはとても比較的な理解が起こったというわけです。とは言え、さらに何かを考え込んでも、さらに理解が進むというものはないので、とりあえず、明日までゆっくりしても問題ないわけです。

 

物事を理解するというのは、そのように時間がかかる事なので、焦らず、非線形ですが、確実に理解は進みます。

承認欲求や自己効力感の問題を克服する。自己理解を高め、自由になる。

人は、承認欲求の問題を抱えやすい。だから、自分と向き合って、自己理解を深める事がとても大事だと思います。

 

人間は、自分の力を感じたい。自己効力を感じたい。ですが、それを自ら感じられないから、自分以外の誰かや社会から感じさせてももらいたいと願望する。渇望する。

 

ですが、自分で自分を充足させようとしないと、自分以外の何かから自分の自己効力感を満たしてもらいたい欲求が止まらない。充足してもらっても、それでも、渇望が続くわけです。

 

お菓子を食べても、また食べたくなる。それに似た仕組みです。まるで、中毒です。

 

承認欲求とは、そのような形で現れます。ですが、それは人間の普通ですから、いかにこの問題を自分で克服するか。そういう事が大切です。

 

自尊心の乱高下というか、承認欲求の乱高下というか、とにかく、他人から承認されなくても、また、されても落ち着かないわけです。されなくても落ち着かないし、また、され過ぎてもそれはそれで落ち着かないわけです。不安定になるわけです。

 

症状としては、まるで、双極性障害の乱高下のようです。上がり過ぎるとその後は落ちまくるわけです。

 

それでは、精神は不安定で大変です。

 

だから、まずは、自分で自分を認める。自分を客観的によく見る。よく認識する。自己認識する。

 

そして、自分にそれなりの力がちゃんとある事を知る事です。自分の効力の程度は重要ではありません。自分には、ちゃんと力がある。力を育ててきている。正しく、自分で自己効力感を取り戻すわけです。身につけるわけです。

 

自分には、どんな力があるのか。具体的によく知る事を大切です。自己効力感の足りなさは、ひょっとしたら、自分に対する関心の低さかもしれません。自分に対する関わりの少なさかもしれません。

 

自分に向き合って、自分に積極的に関わって、自分の事をよく知れば、自ずと自己効力感を取り戻す事が出来ます。

 

自己効力感を正しく持てば、承認欲求の過剰さは低下します。そんなに自分以外の何かから過剰な承認をもらわなくても、安定してきます。

 

そのような状態になって、はじめて、自分が何をしたいのか、どのように生きたいのか、が考えられるようになるかもしれません。

 

人間は、案外不自由です。自分が何をしたいかも分からないくらい不自由です。それは、自己効力感の足りなさ、承認欲求の過剰さ、そういった問題から来ています。

 

ですから、自分理解を高めて、自己効力感を高める。その事によって自由になれるのです。

目標を設定する事は大事。心が躍るような喜びと直結している事。

目標を設定する事はとても大事です。そして、実際目標を設定するという事は、簡単な事ではありません。ですが、自分にとって良い、最適な目標をするという事が、物凄く重要です。そう思います。

 

目標は、漠然と設定しても、何の意味もありません。漠然と設定したものは、全く実現されません。

 

そうではなく、目標は、心が躍るような、喜びに直結してものでなければなりません。それを実現できると、嬉しくて、至福を感じるような、そのような最高に良い状態が想像できるような事でなければなりません。自分の心に嘘があってはいけません。

 

人間は、自分の心の状態がとても大切です。感情が動くかどうかが凄く大事です。そして、目標は、自分の心に直接的につながっているような事になっていなければならないという事です。

 

そして、目標を実現する為には、その目標は実現可能である事が大切です。実現不可能な事をいくら設定しても、それは決して実現されません。

 

一方で、目標は、あまりに簡単に実現できるようなものでは、意味がありません。それでは、自分の心が動きません。喜びがありません。

 

心が動くような目標は、あまりに簡単な事ではダメで、実現できるかどうかわからないような事が重要です。実現できるか分からないような事は、実現した時のフィードバックが強いはずです。その強いフォードバックが想像できるような事が大切です。その意味で、目標は、実現できるかどうか分からない、ちょうど良い設定がされている事が重要です。

 

また、その目標は、持続するものである事も大事です。今日は、その目標が実現した事を想像した時、凄くワクワクしたが、明日になったら、そんなにワクワクしなかった、そのような不安定な目標では良くありません。そのような持続性の無い目標は、目標として機能しません。安定的に自分の心を掴んでくれる、頼もしい目標である必要があります。

 

その意味で、目標とは、昨日今日と言った、短い期間で簡単に成立するものではありません。目標に関する事を比較的長い間考えていたり、触れていたり、よく知っていたりする必要があります。その意味で、自分にとっての、目標設定の為の環境が整っている必要があります。

 

そういうわけで、目標の設定は簡単ではなく、心が躍るような、そして、想像するとワクワクするような事であるが重要です。そして、実現できるかどうかのギリギリの設定になっている事も大切です。そのような、自分にとっての最良の目標を設定する事は、幸せになる為にもすごく大事です。

煩悩を滅して、意識を集中させる。

人は基本的に煩悩に苛まれます。仕方のない事ではありますが、出来れば、この煩悩を滅して、意識を集中させるのが良いと思います。

 

頭の中を煩悩に任せていると、考えはあらぬ方向に流れていって、気が付いたら嫌な事を思い出していたり、ネガティブな事を考えたりしてしまっています。とても無駄な時間です。

 

意識が散漫になると、すぐに人は煩悩に苦しみます。ですから、意識をいかに集中させるか、これにかかっています。

 

単に歩いている時でさえ、知らず知らずのうちに、煩悩に頭の中が流れていって、考えなくてもいいような事を考えてしまっています。そんな事になるより、歩いているという事に集中した方が良いわけです。

 

歩いている足に意識を向け、呼吸に意識を向けるわけです。また、ちゃんとした姿勢で歩いているか、身体の何処かに負荷はかかっていないか、そういう事にも意識を向けるわけです。

 

そのようにして、歩く事に集中する事でとても良い歩行になります。

 

食事だってそうです。食べながら、ついどうでもいい事を考えてしまいます。そして、ネガティブな思考に流れます。そうではなく、食べる事に集中するわけです。

 

味もそうですが、きれいに食べる事も大切ですし、姿勢よく食べる事も大切です。

 

煩悩とはそのようにして、知らず知らずのうちに、ネガティブな事を考えがちなわけです。頭が煩悩に苛まれ始めたら、すぐにその思考を止めて、何かをする。たったこれだけの事ですが、とても大事です。

 

煩悩は放っておくと、メンタルの状態が崩れてきます。そして、つらさが深くなって、調子の悪い日になってしまいます。そして、体調も悪くなってきます。頭痛も始まります。

 

メンタルの状態は、生きていく上で、とても大事ですが、メンタルを悪くすると本当に生活もできなくなります。パフォーマンスも下がります。本当に勿体ない事です。

 

ですから、そうならないように、煩悩を放っておかないという事です。煩悩は人間にとって大敵です。煩悩に振り回されない。とても重要な事です。

 

現代は、スマホやインターネットのブラウジングなど、煩悩が拡大しやすい傾向にあります。ますます煩悩は深刻です。メンタルの状態も深刻です。当然パフォーマンスも落ちるし、体調も悪くします。

 

ですから、そうならないように、煩悩を滅し、そして、意識を集中させる。意識を何かに向ける。そうする事で、メンタルを整え、パフォーマンスを改善し、体調も整えるわけです。とても大事です。

現代の社会は意欲を必要としている。

この世界で生きていくという事は、ある意味、意欲を必要としている。というか、意欲は求められている。そう感じます。

 

現代の自由主義社会の世界においては、基本的に、人の自由に基づいて社会が作られようとしますから、人の自由に基づいた活動が無ければ成り立ちません。ですから、自らの自由で何かをやろうとする事は、社会は強くそれを求めますが、自らの自由を行使しない場合には、社会は特に何もしてくれません。というか、何もできません。

 

自由の社会とはそういう事です。

 

ですから、自由に何かを自らやりたいという気持ちがある人はどんどんこの世界では生きやすくなり、それほどやりたいという事はないという人は、生きにくくなるという事になってしまいます。

 

資本主義経済の社会は、それを前提としています。ですから、何かをしたいという意欲のある人は、現代の資本主義経済はそれを支えてくれます。自分の意欲をどんどん打ち出していけばいくほど、資本主義社会はそれをどんどん後押ししてくれます。むしろ、そのような意欲を待っています。求めています。

 

その意味では、自分の意欲というものについて、じっくり考えてみる事は肝要かもしれません。何らかの意欲があるなら、それは試してみる価値があるかもしれません。現代の社会は、それを実現に導いてくれるかもしれません。

 

実際、現代の資本主義社会は、多くの人の意欲によって回っています。人一倍意欲のある人は人一倍その意欲によって社会に寄与しています。

 

そして、社会とはつまり、人間から成る社会ですから、ある人の意欲は、他の人たちに影響を与えています。

 

ですから、より意欲のある人は他の人にもその意欲の影響を与えていて、あまり意欲のない人は、他の人の影響をより受けている。そういう社会でもあります。

 

このように言うと、この社会は意欲合戦になっていて、意欲をより大きく持った人がそれほど意欲のない人の居場所を奪ってしまう事もあるかもしれません。

 

もしくは、この社会は、人の意欲の分だけ大きくなるものかもしれなくて、その意味で他の人の意欲は気にせず、意欲は全面的に出していった方が良い。そういう社会かもしれません。

 

そういう意味でも、今一度、自分の意欲というものについて考えてみると良いと思います。そして、それを実現してみようと考えてみるのもありだと思います。案外、意欲が自分を突き動かし、もしくは、社会がその意欲を後押しして、より生きやすくなるのかもしれません。

人にはやれる事がある。それで十分。

人は何でもやれなくてもいいんだと思います。何でもやれなくても、何かは出来ます。それをやったら良いんだと思います。

 

確かに、何でもやれた方が良いような気がします。ですが、人間というのは、何でもできません。特に現代は、人の出来る事はたくさんあります。それを全部できるようにしようとするのは、無理があります。

 

そんな事より、自分が今出来る事をちゃんとやっていったらいいんだと思います。

 

今やれる事を、さらに改善して、追求して、より出来るようになってもいいと思います。

 

または、今やれる事に、何かをほんの少し足して、ほんの少し違う事が出来るようになってもいいと思います。

 

ただ、とにかく、何でもやれるようになる必要は無いという事です。

 

自分が出来る事というのは、とても貴重です。その事を、大事にしていったらいいと思います。

 

そして、ひょっとしたら、自分が出来る何かしらについて、自分自身気付いていないかもしれません。そういう事はよくあります。

 

出来るのに、自分はその事に気が付いていない。勿体ない事です。

 

出来る事をさらに増やそうとする前に、実は自分が出来る事をちゃんと自分で発見してあげる。大事な事です。

 

そして、自分がやれる事というのは、凄い事である必要は全然ないんです。些細な事でいいんです。ちょっとした事でも十分なんです。やれる事自体がとても大事な事なんです。

 

自分がやれる事を、育てていったらいいんです。育てていけば、仮にその速度は遅いかもしれませんが、それでも、それは育っていきます。予想外に育っていきます。

 

そして時には、何故その事を自分はやれるのか、振り返って考えてみるのも良いと思います。せっかくやれる事なんです。それには理由があります。

 

その理由を知る事は、自分自身を知る事につながるかもしれません。

 

そして、より自分自身を知る事が出来れば、他にも、自分が新たにやれる事が分かるかもしれません。自分の傾向を知るわけですから、その可能性はあります。

 

自分がやれる事は些細なことかもしれません。ですが、自分がやれる事が自分自身を支えています。自分がそれをやれる事によって、自分自身が今成り立っています。それくらい、今自分がやれる事というのは大事です。自分にとって大事です。

 

そういう意味で、人はやれる事がある。それで十分です。そして、何でも出来るようになる必要はありません。今ただやれる事を大事にしたらいいんです。それが自分を支え、自分を確かにしてくれます。

歩行禅の習慣。意識を自分に向けて、煩悩を滅する。

歩行瞑想。歩行禅。色んな言い方があるようですが、要は、歩いている時に意識が散漫にならないように、意識を自分に向ける。大事だと思います。

 

座禅は、座って瞑想するような事ですが、歩行禅は、歩きながら瞑想する。そういう事です。

 

歩いている時、意識が散漫になりやすいものです。周りも、気が散る景色に囲まれていますし、人々もたくさんいます。つい、目が周囲にいってしまうし、耳も周囲の方に向いてしまいます。考えている事も、周りの事に引っ張られてしまいます。全然落ち着けません。

 

また、歩いていると、頭の中が暇になって、思いつくままに考え事をしてしまいます。ネガティブな事を思い出しては、その事についてずっと考えを巡らせてしまいます。考えなくてもいいような事も、何故か歩いている時に、頭が散漫になって考えてしまいます。意図せず無駄な思考をしてしまうわけです。

 

要するに、歩いている時に、煩悩に苛まれてしまうわけです。

 

煩悩は仏教では良くないものとします。煩悩は滅する事が大事です。

 

そういう意味で、歩いている時に、歩行禅を実践するという事です。

 

毎朝歩いているとしたら、その時間は、歩行禅に当てるとても良い時間になります。歩きながら、意識を自分に向ける事に集中させるという事です。

 

歩きながら、意識を身体に向けるわけです。身体のどこが動いているのか。身体のどこが痛いのか。身体のどこか疲れているのか。注意深く、身体の感覚に意識を集中させるのです。

 

また、歩いている時の姿勢にも注意を向けます。歩いている時の姿勢が猫背になっていないか、首が前に出過ぎていないか。踏み出す足が蟹股になり過ぎていないか。

 

過剰に急ぎ過ぎていないか。腕はちゃんと触れているか。膝はちゃんと上がっているか。しっかり歩けているか。

 

また、呼吸はちゃんと出来ているか。浅くなっていないか。速く歩き過ぎて呼吸は乱れていないか。

 

そのようにして、歩いている時の身体の状態についてくまなく注意をする事によって、頭が散漫になるのを妨げるのです。

 

このような歩行禅を、毎日の習慣にするわけです。仕事場への行きも帰りも歩いているなら、その時間、煩悩に振り回されたり、歩きスマホをしたりせずに、歩行禅を実践する。とても良い習慣です。

 

歩行禅を習慣化する事で、歩行する事による身体の改善だけでなく、煩悩も滅し、精神も落ち着かせることが出来ます。マインドフルネスのとても良いトレーニングになり、気が付いたら身につきます。