毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

会社で疲れる。毎日の瞑想、自己理解、セルフ・コンパッションで自分をリセットする。

会社の上層部や上司から強いメッセージで、自分を否定されたように感じて会社が嫌になったりしませんか。また、職場の人間関係でも、他の同僚から嫌な事を言われて、イライラしたり、そして、周りの人との会話を避けたりしたくなったりしませんか。

 

会社や周りの人からの自己否定のメッセージを受けまくって、自分が責められ否定されたとつらくなったり、嫌な気持ちになったり、会社からの疎外感を感じたり。そして、自分が会社や職場の周りの人を敵視して、距離をとって、結局は自分自身がつらくなって疲れ果てる。あると思うんです。

 

でも、たいていは、会社も人も、自分を責めたり否定したりしようとしているわけではなく、ただメッセージを伝えようとしているだけで悪気はなく、コミュニケーション上の誤解やその時のそれぞれの事情、心情の影響を受ける事が多いと思うのです。なので、実際には、ゆっくり時間を取って冷静に受け止めれば、そんなに大きな問題はないはずなのです。

 

なので、私は、毎日瞑想をして、自己理解を進めて、セルフ・コンパッションによって自分をリセットする事を重要だと思っています。今回は、そういう事をお話ししたいと思います。

 

まず、毎日の生活の中で、会社から帰宅した後にも、時間を取って、心を落ち着かせて、瞑想に取り組む事です。自分を観察して内省し、自分が何に傷ついているのか、嫌がっているのか、気付く事が重要だと思います。会社のメッセージが凄く自分を苦しめている、誰かの言動が自分を追い詰め、つらくなって、その人を嫌いで仕方がない、など、色んなつらい気持ちに気付けると思います。その気づきがとても大事です。

 

そして、自己理解です。上の気づきで、それなりに自分の理解は進んでいますが、いかに自分が嫌な思いをしているか、その事で自分がいかに追い詰められているか、危機を感じているか、しっかりと理解する事です。もしかしたら、原因は会社や誰かの直接的言動ではなく、自分の日々の生活のストレス、自分自身が抱えてきた世の中や人間、さらには自分に対する認識が、影響しているかもしれません。例えば、普段から自分はダメな人間だとか、会社から受け入れられていない、評価されていないとか、周りの人から嫌がられているとか、そういう不安や危機が背景としてあるかもしれません。それが原因で、他人に自分が気にしている事を鋭く言われて、傷ついてイライラしているのかもしれません。そういう事にもしっかり気づいて理解してあげる事が大事だと思います。

 

自分の自己理解が進んだら、セルフ・コンパッションの意識をする事です。まず、そんな自分をそのまま肯定的に受け止めて認めるという事です。自己否定的になっている自分も肯定してよいし、職場の人を敵視している自分も肯定してよいと思います。考えてみれば、会社や職場の誰かがどう思っていようと何を言おうと、自分にとってはそんなに重要な事ではないかもしれません。自分の不安が取り去られて、自分が否定される必要はないという事が分かれば、多くの問題は解決するかもしれません。実際、自分に非がない事は多いと思うし、周りの人はそう言ったかもしれないけど、それで自分が否定される必要はないかもしれません。そうやって、自分を自分で責めず否定せず、そのまま受け入れて認めていく作業は非常に重要です。

 

問題は自分がもっと深いところで抱えている大きな不安だったり、普段から感じている自責の念だったり自己否定感だったりすると思います。そういった事を正しく認識して書き換えて、自分を肯定的に取り戻していく事の方が、よほど大事かもしれません。

 

そういうわけで、毎日瞑想して、自己理解を進めて、セルフ・コンパッションによって、自分を取り戻す。そうやって自分を毎日リセットしていく事を習慣化しておくと、疲れも軽減して、元気になっていくのではないかと思います。