毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

頭の中がうるさくて疲れる。ものを書いて、想いを馳せて、自分だけの安住の世界で過ごす。

朝から、仕事の事とか、人間関係の事、色んな日々の事で、頭の中がうるさい事ってあると思います。確かに、日常を回していくには考えないといけない事ではあるんでしょうけど、「今じゃない」というのはあると思います。今は、頭を休めて、ゆっくり過ごしたい、心地良く過ごしたい。

 

日常は、不安な事とか、気になる事、対応しておかないといけない事、たくさんあって、ある面仕方がないのですが、そればかりやっていると、頭も身体も持ちません。

 

やっぱり一日の中に、少しでも、穏やかで、心が静かな時間を持つことが大切だと思います。

 

私の場合は、朝必ずモーニング・ページと言って、思った事を自由に書くようにしています。頭の中にある事を、ペンを通じて、言葉として書き記していくと、少しずつ落ち着いてきます。頭の中で湧いてくる言葉や思考のスピードは速いですから、手を使って書き出していくと、その作業は基本的に頭の中の回転数より明らかにゆっくりなので、それだけでも落ち着いてきます。

 

また、頭の中で勝手に巡っている、仕事の事や人間関係などの日常的な事を、そのまま書くのではなくて、自分が心の静かな時に大事にしている事、心地良い事、好きな事を想いながら、それらを書いていくのが良いと思います。あらためて、自分にとっての心地良い事、好きな事、楽しくなる事を再確認するきっかけになりますし、そのような事で頭を巡らせることは頭にとっても、心にとっても心地良い事につながります。

 

その意味で、そういった、心地良い事、好きな事を、心静かに、そして、頭の中で思いっきり想いを馳せるのは、とても良いと思います。頭の中が凄く休まります。自分にとっての、心休まる空間、安住の地のような空間を頭の中に設定するような感じです。頭の中の安住の世界で、頭もゆっくりと休めて、心も静かに心地良くなって、そんな感じで、快適に過ごす事が大事です。

 

そんな感じでしょうか。朝から頭の中が日常の事でうるさい。時には、日常から離れて、自分だけのお気に入りの時間を心静かに持つ事はとても大事です。基本的に、うるさいのは、不安や焦りに基づいた、頭の中を勝手に巡る言葉ですから、それらに対処するために、自分の手で積極的に、そして、自由に書き出すというモーニング・ページはとても効果的です。そして、自分にとっての心地良い事、楽しくなる事、好きな事に想いを馳せて、そういう自分のだけの安住の世界で過ごして、頭も心も静かに休ませるというのもとても良いです。そんな感じで、毎日少しでも頭を休ませてあげる事は大切だと思います。