40過ぎでも進化する為の実践ブログ

りべしんと言います。40半ばを迎えたサラリーマンが、今からでも進化できると信じて日々考えて実践している事を書いています。

瞑想を始める。進化し続けるために。

これまで色んな習慣化に取り組んできましたが、これからは新たに「瞑想」を習慣化する事にしました。以前から何回か取り組んできたのですが、環境や状況が変わるたびに気が付いたら続けていなくて、「また瞑想を始めないとな」とずっと思っていました。今年2020年ももうすぐ終わってしまいますが、瞑想を始める事にしました。

 

瞑想を始める理由は、進化を続けていく為には、瞑想は必要だと思うからです。自分自身が進化する、変化していくという場合、主観的にどう変化していくかを考えると、かなりの部分が自分の脳内の変化によるものだと思います。毎日の生活や会社での仕事や成果を変化させて作っていく事ももちろん進化ですが、その進化を感じるのは自分自身であり、自分の脳内で認識する事が大半です。そして、進化や習慣に取り組み、考える時、起点になるのは、自分の脳内での出来事、思考やマインドです。だから、脳内の状態をいかにコントロールできるかが、自分自身が進化を起こしたり習慣を作ったりしていく事に重要だという事です。

 

そして、脳のコンディションがとても重要だからです。日々の暮らしの中で、多くの事を実際に経験し、同じように、もしくはそれ以上に、脳内でも体験しています。情報量も多く、いつも頭がパンパンになっています。そして、頭は常に使っていますから、頭を疲れやすいですし、毎日の体験は脳内の体験につながり、感情に大きく影響を及ぼしますから、ネガティブな感情は特に頭を疲れさせます。なので、頭の中を常に良い状態にしておくことは、何に取り組むにもとても重要です。

 

最近、身体へのアプローチや言葉による自己肯定の習慣化に関心を持っていますが、それらは結局瞑想やマインドフルネス、セルフ・コンパッションの言っている事と同じですし、瞑想に取り組む事が最も理に適っています。

 

進化の観点からも瞑想は重要です。進化とは生命の進化が基本ですが、生命が関わるものはすべて進化によって生命性は保たれています。人間や生き物だけではありません。「家」を考える場合、家には人が住んでいます。新しいモノが家の中に入ってきては、古く要らなくなったモノは整理されて廃られていきます。そうやって常に家の中はある状態が整えられる事で、家は進化し続けるとともに生命性を維持しています。身体や脳内を進化し続けるために、脳が良い状態でなければなりません。新しい習慣を身につけては、古く要らなくなった習慣は見直して減らしたり無くしたりしていきます。このように整えていく作業は、脳内でやっています。

 

そのようなわけで、大げさですが、瞑想を始めるという決意表明をいたします。とは言っても、そんなに大それたことをやるつもりではありません。一日10分でも5分でも、継続できるペースで始めるつもりです。でも、習慣化するために、基本的に毎日継続していきます。年が明けた頃には、きっと脳内のコンディションが整えられて、2021年はさらなる進化が起こるだろうと期待しています。