毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

ネガティブな朝は軽い筋トレ習慣で乗り切る。

仕事が忙しかったり、疲れがたまっていたりすると、朝起きた時からメンタル的にネガティブになっている事ってあると思います。ちょっとしたネガティブな状態であれば、それを無視して、そのまま朝を始められるかもしれませんが、ネガティブさがきつくなってくると、動けなくなったりします。

 

朝のネガティブさは、とりあえず動き出し始められれば、徐々に身体を通して心や頭も慣れてきて、何とか普通に1日を過ごせるのですが、その動き始めるというのが案外慣れていないとできません。

 

だから、普段から身体を動かす習慣を作っておくのが良いと思います。習慣にしておけば、多少きつくても出来るようになるので、ネガティブさを感じていても、その習慣で乗り切る事が出来ます。

 

身体を動かす習慣で良いのは、やっぱり軽い筋トレです。私は、軽い筋トレという事で、膝付き腕立て伏せ、腹筋、背筋20回、ヒップリフトをしながらハンドグリップを使って両手で30回くらいやっています。以前は、グーパートレーニングをやっていたのですが、もう少し負荷を上げたいという事で最近はハンドグリップを使う事に変えました。この筋トレを毎朝1セットやっています。5分程度です。

 

もうこの習慣を1年と半年近くやっていますが、もう習慣になっているので、多少だるくてできます。メンタル的にネガティブな時でもこのくらいの筋トレだったら出来ます。

 

軽いとは言え、それなりに息は上がるし、筋肉に負荷をかけるので、身体にスイッチが入ったような感じになります。身体の状態が変わると頭の状態やメンタルの状態も変わるので、その後動きやすくなります。

 

身体とメンタルは連動します。なので、メンタルの状態が悪いからといって、今日はダメな日だと諦める必要は無いと思います。確かに、前日までのストレスや疲れを引きずっている事はあると思います。睡眠不足もあると思います。それはそれで、中長期的に生活習慣で立て直していく事も大事ですが、同時に、このような軽い筋トレの習慣によって、日々を乗り切っていく事も大事です。毎日の筋トレの習慣はもちろん、日々の生活習慣を改善することにもつながります。

 

筋トレに慣れている人はよく知っていると思うので、言うまでもない事ではあるのですが、筋トレをやっていない人にとってはなかなか始めるのが難しい事です。なので、腹筋だけとか、スクワットだけとか、背筋だけとか、より軽くやり易いものだけから始めるのが良いと思います。1、2週間続けられれば、自然と習慣になります。習慣になれば、少しずつ負荷を上げていく事が出来ます。

 

そんなわけで、メンタル的にネガティブな朝は、軽い筋トレの習慣が助けてくれます。