40過ぎでも進化する為の実践ブログ

りべしんと言います。40半ばを迎えたサラリーマンが、今からでも進化できると信じて日々考えて実践している事を書いています。

朝から頭の疲労感。最近の疲れの振り返り。考え事・甘いもの・ドラマ見過ぎ

朝から、特に頭の疲労感を感じているので、最近の疲れの原因を探るべく、疲れに関する振り返りをしてみたいと思います。主に、考え事、甘いもの、テレビドラマの見過ぎ、についてです。

 

まず、考え事というか、実際には悩み事に近いです。仕事での人間関係というか、社内での同僚から、ある意味いつものように悩み事というか、つらいという事を相談されるわけですが、その事に関する悩み事です。長年、同じようなつらさを相談されているわけですが、なかなか問題が改善されないようで、実際は内面上の問題は大きいように思います。それで、色々と伝える事を試みてきたし、その事について色々と考えてきましたが、どうにも上手くいきません。ほとんどただ話相手になってもらいたいだけという感じです。このような事について、私自身思い悩んでいるわけですが、どうもそれで、いつも最近頭の中でその事を考えてしまって、疲れているように思います。週末になってもその事を考えてしまいますし、思考をなかなか止められません。それが、ひとつの疲れの原因のように思います。

 

そして、甘いものを相変わらず食べてしまっているという事です。頭の疲労感があると、それが不快ですから、何か口にしたいと思ってしまいます。それで、菓子パンなど甘いものが増えてしまっているように思います。「お酒も飲めない」、「タバコも吸えない」、なので、「お菓子を食べる」になってしまっているのですが、血糖値の乱高下もあるので、困ったなぁというところです。糖分を摂ると、さらに頭は興奮してきますから、さらに忍耐が大変になります。麻薬のようなものです。結局これも、頭の疲労につながっていると思います。

 

もうひとつ、テレビドラマの見過ぎです。先日から、アマゾンプライムで観られるアガサ・クリスティーの「ミス・マープル」が面白いという事で、それを連続して見ていたら、結局それはそれで疲れてきたという事です。ずっと見てしまいますので、気付いたら、昨日は3時間くらいずっと見ていました。テレビゲームほどの疲労は多分ないですが、トリックや人間関係など複雑で、内容が気になってしまいますので、画面にくぎ付けになって、おそらくその時にソファーに座っている姿勢なども良くなくて、血行も悪くなって疲れてしまうんだと思います。この疲れも、甘いもので解消しようとして、甘いものにつながってしまいます。

 

改めて思いますが、こういう時は、やっぱり身体を動かす習慣が良いと思います。料理を作るとか、掃除をするとか、何でもいいんですけど、身体を動かす事で、思考はあまり使わなくて済みますし、血行も改善して身体の状態も改善する。そして、頭も落ち着いてくる。

 

私はこの、考える⇒疲れる⇒甘いもの⇒疲れる⇒、そのサイクルにはまりがちです。もっと落ち着いた生活をしたいものです。