毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

お風呂1日2回2週間続けて感じるメリット。気分変わる・身体の活性化・夜はリラックス

お風呂に1日2回入るようにして、2週間ほど経ちました。生活習慣としては定着してきたように思います。今の時点で思うメリットについて見直してみたいと思います。

 

お風呂に1日2回とは言っても、朝はシャワーだけで、バスタブに浸かるのは夜だけです。以前は朝に1回だけお風呂に入っていたのですが、どうにも夜に身体の疲れが取れない感じがあったので、それを改善したいという事で夜にも入る生活に変えました。

 

まず、お風呂に入る事で気分を変えやすいという事です。これは、朝も夜も共通していて、頭の中がもやもやしている時や、また、仕事の事で頭がいっぱいになっている時に、お風呂に入る事で気分がすっきりします。私は、朝起きた時も、夜仕事から帰ってきたときも、頭がもやもやして頭をすっきりさせられない事が多いので、朝も夜も入るのは良いと思っています。実感として、身体に適度に刺激が与えられるので、身体を通じて気持ちや気分が変わってくるように思います。朝は、お風呂に入る事で気分にスイッチが入りやすく、ポジティブな感じになるので、平日に仕事に行くにも、週末に何かをするにも、どちらにとってもメリットがあるように思います。1日2回も入ると、時間が足りなくなって1日が忙しくなるかもとも思っていたのですが、むしろお風呂に入って気分を切り替えられる事でだらだらせず行動しやすくなるので、忙しいというようには感じません。私の場合、そんなに長風呂ではないというのもあるかもしれません。

 

そして、気分だけではなく、身体も活性化します。特に朝は、身体が重くて上がってこない感じもあるので、シャワーを浴びる事で身体が温まって、血行が改善する感じもあります。また、ちょっと体調が良くないという程度の時は、軽くお風呂に入って調子を整えるというのもあります。風邪とも言えないような微妙な不調の時、自律神経失調気味だったり、身体の疲労を感じたりという時は、身体を温める事で改善したりします。

 

あと、特に夜ですが、私が言うまでもないですが、お風呂に入る事でリラックスできます。夜は身体も凄く疲れている事が多いので、バスタブに浸かる事自体でも身体全身が温まって心地良くなるし、お風呂から上がった後もまだ全身が温もっていますから、リラックスした状態が継続します。なので、寝るまでのんびり過ごしやすくなります。以前は朝だけお風呂だったので、夜のお風呂の効果をとても実感しています。

 

今のところはこんな感じです。主に、気分を変えやすい、身体が活性化する、そして、リラックスして過ごせる、の3つでした。お風呂に1日2回は、私の毎日の生活の習慣には合ってるし、自分にとってはメリットが凄くあるので、しばらくこのまま続けていこうかと思っています。