毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

フィットネスバイクからはじまる妻の挑戦1か月。体力ついた・マインド・朝早起き

妻は、コロナ禍以降引きこもり気味の生活になっているわけですが、それ以前までも身体やメンタルの調子が悪かった時期が長く続いてきました。ですが、このコロナ禍に入り、引きこもり生活によって、逆に過剰に適応しなければならないというプレッシャーから解放されたのか、自由な感じになってきたように思います。

 

実際、5か月前くらいから、妻と一緒に朝食抜き生活を続けていて少しずつ体調も上がってきるように感じます。そして、1か月くらい前に体力をつけようという事で、フィットネスバイク「FITBOX」を購入しました。そこで、FITBOXをはじめて4週間、妻に、今どんな感じかインタビューしてみました。

 

フィットネスバイクは、はじめて2週間までは毎日やっていましたが、やり過ぎると疲労がたまるという事で、休憩日を入れながらペースを調整して続けているようです。フィットネスバイクは1日に30分くらいやっていて、心拍数がある程度上がるようにスピードを段階的に上げたりして運動の負荷を調整しているようです。そんな感じで、フィットネスバイクを始める以前に比べて、フィットネスバイクの習慣が身についた事で、明らかに一定の体力がついてきたようです。

 

ですが、まだ身体が快適ではないとか、なかなか痩せないとかあるので、筋トレとかストレッチとか、また栄養面の改善などをしていきたいと言っていました。

 

そういう意味で、大きく変わってきた事は、フィットネスバイクで体力がそこそこついてきた事に伴って、マインドが変わってきたという事です。これはとても良い事だと思います。

 

そして、最近感じている問題として、フィットネスバイクを夜にする事もあって、それで夜に疲れがたまってそれが取れなくて、また、身体が活性化して、なかなか早く寝れないという事でした。そういう感じで、フィットネスバイクによって体力はついてきたものの、疲労がたまるようになって、睡眠の質や生活のリズムの改善が必要になってきているという事でした。

 

そこで、以前は、たくさん寝た方が良いだろうという事で、夜の10時半とか11時とか出来るだけ早めに寝て、朝は7時半くらいに起きる生活リズムだったのですが、最近は夜に疲れが取れず寝れないという事で遅くなってきていたので、早めに起きて早めに寝る生活にするため、朝6時に起きる事に決めました。まだはじめて2日目くらいなので、これからというところです。

 

とりあえず、そんなところでしょうか。具体的なところでは、フィットネスバイクでの運動の習慣が定着してある程度体力がついてきている、そして、マインドが変わってきている、一方疲労がたまって夜が寝れなくなってきているので、生活リズムの改善として朝6時に起きるようにする、という感じです。

 

こうやって振り返ると、この1か月、フィットネスバイクをはじめて4週間ですが、かなり変化してきたように思います。これからも、筋トレやストレッチをどうするか、栄養面をどうするか、生活リズムをどうするか、など幾つか課題が出てきているようなので、次の1か月の取り組みがどうなっていくかというところです。邪魔をしないように、上手くサポートできればいいなと思っています。