毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

身体に疲れを感じたら、それは休む時。新しく前に進む良い機会。

日々、知らず知らずのうちに身体が疲れている事があります。そしてある時、身体の疲れを感じる時があると思いますが、身体に疲れを感じたら、それは休み時だと思います。身体を休ませる時でもあるし、心を休ませる時でもあると思います。とても良い機会だし、新しく前に進む事が出来る重要なきっかけです。

 

毎日、あれこれ考えながら、そして、身体を動かしながら過ごしていると、知らず知らずのうちに身体が疲れていたりしているわけですが、その事に気が付かない事がよくあります。頭が痛いとか、肩が痛いとか、腰が痛いとか、目が痛いとか、日頃の身体への負担がたまっていたりします。

 

いつでもずっと身体の事を気にしているわけではないので、どうしてもそうなります。でも、身体が疲れてくると、身体はそういうサインを出します。それは、とても良い事だと思います。そのサインを見逃さずに、身体を休ませる事がとても大事です。

 

休むと言っても、休むというのは、会社を休んでベッドでずっと横たわるといった事だけではありません。身体を休ませるというのは、その事に気付いて、身体をリラックスさせるというような事も含まれます。一息ついて、ゆっくり深呼吸をするのも、身体を休ませることにつながります。気が付いたら呼吸が浅くなっているという事もあるし、身体がリラックスできていなくて緊張しているという事もあります。

 

また、マッサージやストレッチなど、身体を自分でケアしてあげる事も、十分身体を休ませる事につながります。ヨガのポーズも体操もとても良いです。色々と身体を動かしていると、身体のどの箇所が疲れているか分かるので、その箇所を念入りに、または、丁寧にケアしてあげると、身体が楽になって休めます。

 

そして、何より、身体が疲れているという事に気付くという事がとても大切です。身体が疲れている事に気付くだけで、また、そう思うだけで、随分と身体は休む方向に向かいます。心身ともに休む準備に向かいます。疲れている事に気が付いていない時というのは、頭の中が仕事の事や気になる事、不安に感じている事にいっぱいになっていて、身体に気を遣う余裕はありません。なので、身体が疲れているという事に気付くというのは、それだけで、心の余裕が生まれる機会になります。

 

身体は、自分を成り立たせている土台です。心も、身体があって心です。いつだって身体は自分に寄り添っています。ですが、日々の過ごし方によっては、身体が疲れをためている事に気が付きません。なので、身体の疲れを感じたら、それはチャンスです。そのサインを見逃さずに、身体を休ませる、凄く大事な事です。