毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

習慣を始めるなら身体を使う習慣が良い

毎日やる事もないし、時間もある。何か始めたい、でも、何から始めたらよいか分からない。ってないでしょうか。気持ちも落ち着かなくて、何かの習慣を始めなければ、という時ってないですか。

 

でも、無理して何かをやろうとして、1日のやる事をたくさん詰め込むと、それらの習慣にいっぱいいっぱいになって、生活が回らなくなります。

 

私は、むしろ何もやらない、あえて何もやらずに過ごす、という事も大切かと思っていますが、もし何を始めるなら、身体を使う習慣が良いのではと思っています。

 

私は、毎日、朝に体操をやっています。また、少しですが、スクワットもやっています。身体を動かしているわけではありませんが、瞑想もやっています。これらは、頭をそんなに使いません。身体が中心です。瞑想は頭も使っていますが、より言うと、思考をあんまり使っていないという事です。思考は日常の中で常に使っているので、さらに思考を使う習慣を増やしてしまうと疲れてストレスになってしまう事が多いです。

 

身体を使う習慣は、歩行のようなもので、習慣化してくると自動的にできるようになってくるので、そんなに疲れません。また、身体を使うという事で、身体の状態を上がってきます。私の場合は、頭痛に悩まされることが多いので、適度の運動が必要で、朝の体操などはまさにそうです。体操など10分程度でも毎朝続けると、頭痛は劇的に軽減します。また、私は会社へは車を使わず、電車を使っています。電車の車両中では動きませんが、それ以外の移動は動き回るので、これも足への適度な負荷になって身体に良いと思っています。

 

私は妻と二人暮らしですが、掃除や洗濯、家の片づけ全般は妻がやってくれていますが、自分も家事をやれる範囲でやろうとしています。私たちは朝食は食べていなくて、昼食は私が準備しています。会社では作った弁当を持っていきますので、前日の夜と当日の朝に昼の分の準備をしています。また、お風呂掃除も一応私の担当になっています。

 

そういう意味で、新たな何か習慣になるような事を始めたいな、でも、何をしたらいいかわからない、という場合は、身体を使う習慣から始めるのがいいんじゃないかという事です。軽い運動とかおすすめですが、家の中の家事でも良いと思います。今までやっていなかった家事を追加すると、身体を動かすというメリットだけでなくて、家の片づけが進んで、より家がオーガナイズされて良いと思います。家がすっきりすると、さらに余裕が出てきて、生活が回りやすくなります。

 

なかなか思い切った事は始められません。また、始めても疲れて、それがストレスになって生活がきつくなってしまいます。だから、ストレスにならない程度に身体を使う簡単な事から始めてみるのがいいんじゃないかなと思っています。