毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

メンタルの状態が良くない時は、身体や筋肉、感覚にアプローチする。

人生の事や仕事の事、いろんな悩みはあります。そして、何が原因で悩んでいるのか、一体何を気にしているのか、分からない時ってあると思います。でも、精神というか、メンタルの状態はあまり良くなくて、思考も気分もネガティブになって、悩み考え込んでしまったりします。一体何が良くなかったんだろう、何のせいだろう、誰が悪いんだろう…。そして。さらに、メンタルの状態が悪くなる…。

 

あんまりメンタルの状態が良くない時は、あまり頭を使わずに、身体にアプローチする事が大事だと感じます。昨日の事で朝からくよくよしたり、もやもやしたりして考え込んでも、何も解決しません。

 

身体を使う事は日常生活の中にいっぱいあります。家事や雑事はたいてい身体を使います。身体と頭はつながっていますから、身体を動かしていると、気が付いたら頭の状態が変わっています。そして、思考も変わって気分も変わっています。筋肉を動かしていると、身体も活性化してきて、脳の状態も変わってきます。もし何か考えるなら、それからで良いと思います。

 

そういう意味で、筋トレなど、積極的に筋肉に働きかけるのは良いです。体操でも、ストレッチでも、ウォーキングでも、スポーツでも。身体や筋肉を活発に動かせば、確実に脳の状態も変わります。

 

ネガティブな状態では、良い思考は働かないので、身体や筋肉からアプローチして、頭、脳の状態を変えてから思考を働かせるのが良いと思います。

 

そして、身体の感覚にアプローチするのも良いと思います。音楽を聴くのは、手っ取り早くてとても良いです。自分にとって心地よい好きな音楽を選ぶのが良いと思います。一緒にハミングしたり歌ったりするのもとても良いです。私は習慣として、ハミングしたり歌ったりしていますが、身体も気分も改善しやすい感じがします。

 

感覚という意味で、匂いも大事です。お香を立てるのも良いです。最近は本当に色んな匂いのお香が売っているので、自分にとって落ち着く好きなお香を準備しておくと、こういう時に凄く役に立ちます。

 

もちろん、コーヒーやハーブティなど、心地良く飲める飲み物をとても良いです。味は、感覚として強度が高いです。匂いも楽しめます。

 

メンタルの状態が良くない時は、思考がネガティブになりやすく、そのままの状態で頭で考えて何とかしようとしても、さらに悪くなっていくことすらあります。なので、頭ではなく身体に、意識的に筋肉や感覚にアプローチするのが良いと思います。気が付いたら、メンタルの状態が良くなっています。