毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

寝る前にポジティブフィードバックの習慣

朝起きた後など、憂鬱感や不安感でつらいという事ってあると思います。朝から特に何もなくても、自然とネガティブな感情や気分になってしまう、みたいな。

 

思い返せば、普段からポジティブな事もあるのに、仕事が進んでいないとか人間関係が上手くいっていないとか、ネガティブな事はよく覚えていて、いつも日常的にネガティブな事ばかり頭の中を巡っていて、ポジティブな事は忘れてしまっているって事あると思います。客観的に考えれば、良い事もあれば悪い事もあって、平均的にはプラスマイナスゼロだったりするのに、ネガティブな感情はポジティブな事より強く作用するという性質から、自分でネガティブなバイアスをかけてしまっていて、平均的にマイナスになっているんだと思います。

 

なので、ちゃんと日々起こっているポジティブな事をフィードバックする習慣を持つことは、日々を幸せに感じて前向きに生きていく為には凄く大事だと思います。

 

特に、寝る前が良くて、その日1日の良かった事、嬉しかった事、幸せと感じた事、色んなポジティブな事を思い出してフィードバックする事が良いと思います。寝る前が良いのは、寝る直前にやる事で明日を迎えるのが楽しみになったりして気分も良くなって、入眠を促しやすくなるし、実際に睡眠の質も良くなるからです。何かメモを取るような事をやっても良いのかもしれませんが、そういう事をすると目が覚めてしまって寝られなくなる場合もあると思うので、特にそういう事はせず、ただ頭の中でポジティブな事を思い出せばよいと思います。

 

寝ている間に、頭の中で、日常的に頭の中で考えている事、巡っている事が整理されるので、ネガティブな事ばかり普段から考えていると、寝ている間も頭の中でネガティブな事が巡ってしまって、朝起きる時に気分が悪くなってしまうと思います。なので、普段から、ちゃんと自分の事で起こっているポジティブな事も思い出してフィードバックをするようにしておくと、眠っている間に頭の中でポジティブな事も巡って、寝起きの時に、気分の悪さは軽減していくはずです。

 

何でもかんでも、ポジティブな状態にしておけばよいというわけでもなくて、良い事も悪い事も客観的に正しく認識する事が大切だと思います。ちゃんと事実を受け止めて、認識して、理解する。そして、良くなかった事実はちゃんと受け止めて反省材料にして、今後の自分に活かして、ポジティブな事実も、過剰に気分よくなろうとせず、客観的にちゃんと認識して無駄なバイアスを無くすという感じです。

 

普段から、何も考えずに、ネガティブな事ばかりに振り回されて、定常的にネガティブな状態が普通になっているのは勿体ないです。良い事もいっぱい起こっています。それらも正しく認識して、もっと幸せに心地良く生きていくのが良いと思います。そのための1つの方法として、寝る前にポジティブフィードバックは良い習慣だと思います。きっと朝の寝起きの憂鬱感や不安感は軽減していると思います。