毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

寝る前のポジティブフィードバックで「今ここ」を生きる

ウェルビーイング(Well-being)を目標として生きるという事で、その為に大事な事は「今ここ」を生きるという事。「今ここ」を生きるという事は、遠くの未来の事ばかり気にして今をないがしろにする生き方でもないし、これまでの過去の事ばかり気にする生き方でもないと思います。そして、無理して何者かになる必要もなくて、今の自分を大事にして、今自分がいる場所や自分が身近に接する人たちを大事にして生きる事だと思います。そして、より良く生きる事。

 

そういうわけで最近始めたポジティブフィードバックですが、これは凄く「今ここ」を大事にする習慣だと思っています。何が「今ここ」を大事にする習慣かというと、自分の事に関する「今ここ」で起きている事を、きちんと知って認識できるようになるという事です。

 

「今ここ」を大事に生きないと、上で言ったように、過去や未来の事ばかり気にしたりして、自分を大事にしない生き方になってしまいます。つまり、自分がいないような生き方になってしまいます。1日1日を生きている自分を大事にして生きないと、不安感や憂鬱感が強くなったりします。自分が何を感じているか、大事にしているか、そういう事に気付かずに生きていたら、いつでも自分をないがしろにして、いつも自分が不安定になって、不安になってしまいます。だから、常に自分の事をよく知って認識する事が大事だと思います。

 

ポジティブフィードバックは、寝る前にするようにしています。最近の事、この1週間の事、今日起きた事をちゃんと振り返って、良かった事、嬉しかった事、幸せに感じた事、心地よかった事を思い出すようにしています。

 

それは、こういう事をしないと、無意識に、ネガティブな事ばかり考えてしまうからです。嫌な事やつらい事はそんなに意識しなくても自動的に湧いてきて考えてしまいます。四六時中、ネガティブな事ばかり頭の中を巡っていたら、それは自動思考になって、寝ている間も、昼間に自動思考していたネガティブな事を整理しようとしています。そして、朝起きた時もそれを反映してネガティブな気分になってしまいます。

 

なので、ネガティブな思考や気分に自動的に傾きやすいバイアスを無くすために、意識的に、ポジティブな事、良かった事を考えて思い出す習慣を身につけるのが良いと思っています。そして、寝る前が良いのは、寝入るのが心地良くなるし、明日を迎えるのも楽しみになるし、寝ている間の頭の中もポジティブになるからです。そうする事で、日常的に頭の中がポジティブな事を考えるようになっていきます。

 

実際、日々はネガティブな事とポジティブな事の両方の事があります。もしネガティブな事ばかりだとしたら、それはちゃんと今の自分の状態を知って認識してあげていないという事になります。今の自分をちゃんと認識できていれば、今の自分にとってのポジティブな事というのはあるはずです。

 

そういうわけで、寝る前にポジティブフィードバックをする事を習慣として始めました。そのようにして、「今ここ」を大事にする生き方が出来るようになりたいと思っています。