毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

人間関係を改善する方法。好きな人と付き合う・上手くいっていない人について見直す

仕事の関係、家族の関係、友人関係、色んな人間関係があると思います。仕事の場合は、友人の関係とは少し違いから、なかなか選べないという面がありますが、そういう状況でもできるだけ良好な関係性を築いていたいものです。友人関係と言っても、深い関係から浅い関係、若い時からの古い関係から最近できた友人関係、色々あります。どんな人間関係でも、上手くやっていきたいものです。

 

人間ですから、好きな人もいれば、嫌いな人もいる。多くの人と仲良くなりたいと思う事もあれば、独りでいたいと思う事もある。人間関係では、いろんなストレスも生じますから、けっこうエネルギーを注がないといけません。それでも、やっぱり人間関係は、自分たち人間にとって欠かす事の出来ない営みです。人それぞれ、関係性の築き方は違うと思いますが、みんな、自分にとって良い関係性を望んでいると思います。

 

そこで、今回は、自分にとって人間関係を良好にする方法について考えてみたいと思います。主に、好きな人と付き合うという事と、上手くいっていない人との関係について丁寧に考える事、の2つです。

 

まず、”好きな人と付き合う”という事です。私はそれが良いと思っています。世の中には、色んな性格の人がいます。合う人もいれば合わない人もいる。当然です。誰も悪くありません。ただ、本当に、人間にはいろんなタイプの人がいますから、全員と仲良くなる事は出来ません。でも、それでいいんです。だから、自分にとって、付き合いやすい人、好きな人、楽しくいられる人、心地良い人、と一緒にいるようにする事が良いと思います。おしゃべりするのも、好きな人が良いと思います。人が人と話をしたい時というのは、自分の話を聞いてもらいたいと思う時だと思います。だから、そのような話を、ちゃんと話せる人、そして、ちゃんと聞いてくれる人、そういう人と付き合うのが一番です。ここで言っている好きな人というのは、自分にとって人として好きな人という意味ですが、恋愛関係と基本的に同じだと思います。恋愛関係で好きな人と付き合いたいと思うのと同じように、ただ好きな人と付き合うようにしたらいいと思います。逆に言えば、好きでない人と付き合わないようにする事も大事と言えます。

 

そして、”上手くいっていない人との関係について丁寧に考える事”についてお話しします。人間関係では、生きていく為に必要な、仕事などビジネスライクな人間関係というものもあります。だから、上手くいかない人とも付き合わないといけないという問題が生じます。これらの関係をきちんとしておくことが、自分にとって大事だと思います。自分なりに良い関係にしておかないと、これから先も上手くいっていない関係なのに関係性を継続していくわけですから、その関係性が悪すぎると必ず後々問題になって、ストレスが大きくなって、病気になりかねません。イライラが止まらなくなって、憎しみが増大しかねません。その為、自分自身にとって煩わしい人間関係は何か、という事を把握しておくことが大切です。毎日、自分の問題、悩み、ストレス、不安、苦しみ、などについて反省する時間を持つことがお勧めです。たいてい、上手くいっていない人間関係の事が浮かんでくると思います。そして、それらの相手を責めても何も始まりません。相手がいかに悪いかについて考え抜いても、ストレスが減らないし、かえっていつも頭の中にそれらの相手が棲みつきます。実際、相手が悪いからとは限りません。相性の問題は大きいです。今後、自分がどのように付き合っていくのか、真剣に考える事です。

 

例えば、明らかに上手くいっていないけど仕事の関係上付き合っていかないといけないという場合、話す量を減らすというのも具体的な方法です。毎日、5回くらい話しているのを、3回とか2回とかに減らすとか、毎日会ったり一緒にいる回数を減らしたりとか、色んな方法で関係性の程度を下げるという事です。そして、中長期的に、関係性を終わらせていく方法についても考えても良いと思います。部署の異動などがあれば、お互いにハッピーなんてことも多々ありますから、そういった事も真剣に考えた方が良いと思います。相手に申し訳ないと思うのは、案外違っていて、相手にとっても疎遠になる事がハッピーになる事はかなりあります。

 

また、上手くいっていないけど、良い関係にしたいという場合もあると思います。その場合は、ポジティブに、どうやったらよい関係性に出来るか真剣に考えて、本音でしっかり付き合ってみようとすることです。人間関係は、誤解は多いですから、きちんとエネルギーをかけて話をすれば改善するという事はあります。夫婦は、きっと真剣に向き合う事で良好な関係性を模索し続けていると思います。それと同じです。でも、絶対ではありません。それが無理という場合は、上にお話ししたように、関係性を減らしていく、そして、終わらせていく、事を模索したらよいと思います。

 

人間関係は、人間にとって最も重要な案件の1つです。だから、人間関係は中途半端にせず、自分にとって良好になるようにしていく事が望ましいと思います。意外とみんながハッピーになれる道です。ひとつには、好きな人と付き合う事を中心していく事だと思います。そして、上手くいっていない人との関係を見直す事、関係性を減らしたり終わらせたりしていくのか、真剣に付き合いを継続して行くのか。人間関係は、本当に生きていく上でエネルギーを割く事の出来ない問題ですから、真剣にどうしていくのか、常に見直していく事が大事だと思います。そうやって、各々自分にとって良い人間関係を模索していけば、みんな幸せになれるのではないかと思っています。