毎日の習慣や哲学の実践をつづるブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けています。

心の落ち着きが何よりも大事。

心が落ち着いている状態というのは心地良いものです。いつもその状態に戻って来れるようにする事が大切だと感じます。

 

心はいつも落ち着かず、焦ったり、追い込まれたりしています。いつも色んな事を考えてしまい、というか、囚われてしまい、とは言え、ちゃんと考えられているわけでもないから、ただ散漫になり、そして、ただ焦燥感に駆られてしまいます。

 

そのような状態はとても不快で、嫌な気分で、そして、結局何にも集中して取り組めないわけです。

 

突き詰めて考えると、何か不安だったりするわけで、この不安をただ取り除けさえすれば、また、この不安を軽減させさえすれば、それだけで、十分過ごしやすくなります。

 

不安が根源的なものだったりして、そして、欲も過剰だったりするわけです。

 

あれも欲しいこれも欲しいとなったり、あれも出来ないといけない、これも出来ないといけないとなったりして、要はそのようになり過ぎになるわけです。

 

そして、そんな感じだから、散漫で集中力もなく、長続きもせず、ちゃんと取り組めないわけです。

 

だから、やっぱり、まずは心を落ち着かせることが大切だと感じます。心を落ち着かせることが出来れば、そんなに欲を満たそうとする必要はありません。

 

ちょっとした良い事があればそれで十分だし、ひょっとしたら、特に良い事がなくても、焦りや不安が無いだけで、十分心地良く感じられるかもしれません。

 

逆に言えば、無意識に、どれだけ日々の生活の中で不安や心配事にまみれているか、という事です。いつも何かに不安で、いつも何か心配事があるわけです。それだけで疲れていて、不快で、つらいわけです。

 

それを、欲を満たそうとする事で解決しようとしてしまうわけですが、やっぱり、そうではなくて、心を静かにして、落ち着く事の方が解決は早かったりするわけです。

 

心が落ち着いてくれば、むしろそれらの事に冷静に対処しやすくなります。そして、欲を満たそうと過剰にならなくても、それで十分だと感じられるわけです。

 

心が落ち着けば、心は自由になります。自由な心は、今あるもの、今自分のそばにあるものがいかに良いものか、気付けるようになります。そういう事が大切なわけで、そういう状態が色んな事のスタートになるわけです。

 

無理して何かをしようとしなくてもいいし、無理に欲を満たそうとしなくていいんです。自分を満たすものはすぐそばにあるし、まずはそれらを大切にする事の方が重要だし、その為にも、心の落ち着きが何より大事なわけです。