毎日の習慣や哲学の実践をつづるブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けています。

自分の好きを育てる。それが自分のホームになる。

自分が何かを好きというのは、自分というものの始まりのように感じます。自分のコアを形成されていく始まりのように感じます。

 

当然ながら、自分になじまないもの、好きではないものを自分の中心に据える、なんて事はしたくないものです。自分の中心に据えるなら、やっぱり自分が好きな事が良いに決まっています。

 

何かに無理に属しようとする必要は無いと思います。自分以外のところに何かを求めようとしなくてもいいと思います。むしろ、自分のそばにあるもの、自分のそばにあって心地良いもの、大事にしたいもの、そういったものの方が重要だと思います。

 

何か安心感が足りない、不安が強い、心配事が多い、そんな場合は、きっと何か自分のコアのようなものが、ちゃんとできていないんだと思います。ちゃんと育っていないんだと思います。

 

自分のコアは、自分のホームの感じ、My homeの感じを育ててくれます。それは自分がそこに居て心地の良い場所であり、自分らしくあれる場所であり、要するに、自分の居場所という事です。

 

自分の居場所が安定していると、不安も減るし、心配事も減ります。そして、自分の好きなものもたくさん見つかります。

 

ですが、そうでなくても、自分の好きなものは案外すぐそこに見つかります。ちゃんと見つけるんです。すぐそばにある事をよく知っておくんです。

 

好きなものというのは、別にモノだけではなく、人かもしれないし、何かする事かもしれません。行為とか、実践とか、行動みたいなものかもしれません。音楽とか映画とか、そういうものかもしれません。身体と整える事や鍛えることかもしれないし、単に歩くことかもしれません。ジャーナリングのような行為や、何か習慣のようなものかもしれません。

 

何でもいいんです。好きなものは色んな形態があり得ます。大事な事は、それらをよく知って、認識しておくことです。

 

好きなものが何かをよく知っていれば、それが自分にとって力になり、コアになります。自分の中心を作ってくれます。

 

そして、それに集中したり、取り組んだり、育てたり、意識を向けたり、寄り添ったりしているうちに、コアがしっかりしてきて、自分の中にホーム感が形成されます。

 

それは、自分を強くしてくれるし、自分を支えてくれるし、安定にしてくれます。そして、もっと好きな事を、自分のビジネスとしてコミット出来るようになります。

 

ですから、自分の好きをよく知って、それを育てる。その事が自分のホームを育て、ホームを作ります。それにコミットするんです。