毎日の習慣や哲学の実践をつづるブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けています。

My homeとは自分のコア。好きな事であり、愛する事である。

My homeとは何か、自分のふるさとのようなものではあるわけですが、それは自分の育った場所であり、地元だったり、自分の家族だったりするわけです。

 

ですが、そのようなものが仮にあったとしても、何か人は自分のホームのようなものを求めているわけで、案外そういったものが、地元だったり、その地域的なものだったりするとは限らないわけです。

 

何か、その足りなさによって、ずっと自分のホーム、自分の故郷のようなものを追い求めるわけですが、それって実は、自分自身の不安定性さ、不安に基づいていたりするわけです。

 

また、何か自分が空洞のように感じられて、そのぽっかりと空いた空洞を何かで埋め合わせようとするものであったりして、それを自分のホーム、自分の故郷に求めるわけです。

 

で、実際、自分の故郷に戻ったり、故郷の風景に出会ったりするわけですが、それでも何か足りないと感じるわけです。

 

ですから、重要な事は、自分のコアの足りなさにみたいものによるホーム感の切望のようなものを、自分で作っていくという事です。

 

それは、アイデンティティというものにも似ているのかもしれません。

 

また、想像の共同体という概念も、それに適用できるわけです。自分の住む国家というのは、想像された国家であり、自分自身の国民意識も想像されたものに基づくわけです。

 

そのようにして、人はアイデンティティを無意識に構築しようとするし、その意味で、自分のコア、自分のホーム感、つまり、My homeを作るという事です。

 

それはきっと、自分を支えるものであり、安心感を与えてくれるものであるわけで、それは自分が好きなものであるわけです。そして、自分が愛しているものであるわけです。

 

また、好きな行為であり、実践でもあるわけで、愛する行為、愛する実践でもあるわるわけです。

 

そういった、自分の好きな事、愛する事を大切にする事です。そして、それを育て、それを作っていく事です。それが、自分のコアを作り、My homeを作るという事です。

 

何もそれは遠くにあるのではなく、自分のそばにあるはずで、大小の差はあれ、程度の差はあれ、たくさんあるはずのものです。好きな事、愛する事はたくさんあるのです。

 

そして、それらをよく知る事です。より深く認識する事です。よく知って、よく認識すれば、自ずとそれを大切にし、それを行い、そしてそれを育てていきます。

 

そうする事で、自分のコアを作り、自分のホームを作るわけです。そして、自分のコアが自分を支え、そして、My homeとなるわけです。