毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

生きていく上で大事な事。心が落ち着いている事と身体を中心に考える事。

生きていく上で大事だと思う事は主に2つあって、ひとつは心が落ち着いているという事です。心が落ち着いていないと、いつも感情や気分に振り回されてしまいます。ネガティブな感情、特に、不安感やつらさは、感情や気分を乱し、冷静に考える事も出来なくなります。そういった感情も、心が落ち着けば、対処する事が出来ます。軽減する事も出来ます。

 

人間だから、常に心が落ち着いているのは難しい事です。何かあれば、すぐに心は乱れるし、さらに自分で心の乱れを膨らませてしまう事もあります。でも、別にずっと心が落ち着いていなくても良いとは思います。時々その事を思い出して心が落ち着く時間を持てれば、それで十分だと思います。1日に1回、心が落ち着いている時間を持つ事が出来れば、それで十分だと思います。心が落ち着いた状態になれば、不安やつらさもいったん客観的に見る事が出来て、そこでリセットできます。

 

もう一つ大事だと思う事は、身体です。基本的に不安やつらさなど、精神が振り回されているのは頭です。つらい時というのは、頭が精神的につらいわけです。だからと言って、頭でどうにかしようとしても、頭がそんな状態では頭は上手く働いてくれません。それよりも、身体でその精神の乱れにアプローチする事が大事です。

 

身体の状態が良くない時、整っていない時、精神の状態は乱れやすくなります。身体と頭は当然つながっていますから、身体の状態が良くないと頭の中の精神の状態が悪くなるのは当たり前の事です。どんな時でも、まずは身体の状態を整える事が第一です。

 

不安やつらさが強い時は、たいてい睡眠が不足しています。頭の疲れがとれていません。身体の血液の巡りも、自律神経の状態もあんまりよくありません。そのような状態では、すぐに頭の中は乱れます。

 

だから、身体は出来るだけいつも動かして、運動不足にならないようにしておくことは大事です。食べ過ぎも身体を乱します。呼吸や水も大事です。

 

心が落ち着いている状態を作るのにも、身体の状態が整っていなければいけません。そのような意味では、いつでも、身体を中心に考えて、身体で対処する事を心がけて、その上で、心を落ち着かせるようにする事が大切だと思います。

 

身体と心を整える事を日々実践していけば、不安やつらさなど精神が乱れても、対処する事が出来ます。また、精神が乱れにくくなります。知恵も働きます。そういうわけで、心を落ち着かせる事、身体を中心に考える事、この2つは生きていく上でとても大事だと思います。