毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

寒い朝は、身体を動かす事から始める。

基本的には、どんな時でも身体を中心に考える事が大事だと思っていつも過ごしているわけですが、特に寒い朝は、身体を動かす事から始めるのが良いと思っています。寝ぼけた朝は、ただでさえベッドから出づらいし、ベッドから出ても寒くて頭も良い感じに回りません。頭も思うように良い感じで回りません。なので、いつだって身体を動かす事が大切です。

 

朝は、軽く筋トレをする事を習慣にしていますが、特に寒い朝はとても良いです。筋トレは確実に身体が温まりますから、筋トレをやる前とやった後とでは、全然身体の状態が違います。身体が動きやすくなるだけでなく、頭も冴えてきて、前向きに何かを考えやすくなります。とにかく何も考えず、軽くでも筋トレをする。凄く効果的です。

 

そういう意味では、筋トレだけではなく、体操をしたり、ストレッチをしたりするのもとても良いです。とにかく寒い朝は、身体も縮こまり気味で何もしたくない感じになってしまうので、何か自分に合った習慣を作っておくことはとても大切です。

 

身体を動かすのはそれだけではなく、家事や雑事でも十分身体を動かす事になります。台所でちょこまかと何かを準備したりするのは、ちょうど良い準備運動になります。手足を使っていると徐々に身体が動くようになってくるし、頭も回り始めるので、気が付いたらいい感じで動けるようになっています。

 

また、手足という意味では、家の中であれ、歩き回るのは良いと思います。家の中は狭いので歩き回るには難しいというのもあるかもしれませんが、歩行運動は身体の状態を確実に上げてくれるので、やる事が思いつかなかったらとにかく歩き回るのは良いです。身体も温まってきます。

 

家事の話にも少しつながりますが、コーヒーを淹れたりして飲み物の準備をするのも身体を動かす事の1つです。ちょっとした事ですが手を動かす事にもつながります。また、朝は心地良くリラックスして過ごすのが良いですから、飲み物の準備をして、飲み物を飲みながら一息つく。そういうように朝を迎えられたら、寒くても良い感じで1日を始められると思います。

 

寒い朝はとにかくベッドから起きづらく、頭も起きてくれません。ですが、人間は身体がやっぱり資本なので、頭で何とかしようとせず、身体から朝をスタートさせる意識を持つ事が重要だと感じています。身体が動くようになったら自然と頭は動き始めます。頭を使うのはそれからです。とにかくまずは身体です。