毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

日々の習慣で、いつものゼロの自分に戻って心に余裕が生まれる。

日々、仕事でも何でも、小さい事でも色んな事があると、余裕が無くなって不安になったり焦ったり疲れたりします。そして、気持ちが変に盛り上がっている時もあれば、沈んでいる時もあると思います。でも、あんまり、そういった日々に振り回されていると、自分自身が頼りない感じになって安定して過ごせなくなります。

 

そういう時は、いつもの自分に戻るという事が大事なように思います。いつもの自分というのは何かというと、毎日の生活をしている自分の事です。色んな事があっても、いつもの自分は自分だし、その安定したいつもの生活を送っている自分です。

 

それは、毎日の習慣に支えられた生活の中にいる自分です。毎日の習慣をベースとした自分は、きっと落ち着いているし、心に余裕があると思います。何故かというと、特に意識的ではない、力みのない、あるがままの自分がやっている事だからです。

 

私は、日々の習慣が大切だと思って、筋トレをしたり、体操をしたり、勉強をしたり、色々意識的に取り組んで習慣化してきましたが、いまやそれらは自分にとっては自然な事であり、当たり前の事であり、あるがままの自分です。

 

日々の習慣は、自分の生活を土台になっていて、それがゼロベースの自分を作っていると思います。なので、以前にやっていなかった事も、習慣化によって自然な事になってしまえば、それはゼロの自分であり、いつもの自分です。

 

別に、積極的に取り組まなくても、いつもの習慣を行っているいつもの自分というのは皆あると思います。そういう意味でも、日々の習慣が、ゼロベースのいつもの自分と言えると思います。家事でも、出かける支度でも、散歩でも、買い物でも、テレビを観たり、ゲームをしたりする習慣も。そのような自分の日々を成り立たせている習慣が、自分に余裕を準備し、与えてくれます。

 

そのような意味で、日々の習慣は大切にしなければいけないですし、重要視しなければいけないと思います。良くも悪くも、日々の習慣がいつもの自分を形作っているからです。もし、自分を少しでも変えたいと感じるなら、習慣を見直して、少し修正する事も重要です。そうする事で、少しずつ自分自身が変わっていきます。

 

そういうわけで、日々の習慣は、ほぼ自分自身のベースを成り立たせていると言っていいと思います。いつもの自分です。あるがままの自分です。だから、不安になったり焦ったりしたときは、日々の習慣を思い出して、いつものゼロの自分に戻る。そうする事で、心に余裕が生まれます。