毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

朝は独りでマインドフルに過ごす。身体を動かす・鍛える・癒す

朝起きて独りで過ごしながら、この時間を大事にして、もっと心地良くマインドフルに過ごせるようになったらいいな、とよく思っています。朝は、前日までの疲れで身体が重かったりだるかったり、また、頭も仕事の事や気になっている事でもやもやしたりネガティブになったりして、意外と上手く過ごせません。なので、どのような過ごし方が良いのかという事について振り返って考えてみたいと思います。

 

朝起きて間もない時は、やっぱり頭や精神がぼやぼやしていて役に立ちません。なので、身体を動かす事から始めるのが良いと感じています。朝の雑事や家事は、そういう意味でも凄く良いと感じます。習慣になった雑事は、自然と身体が動きます。そして、身体を動かしていくと徐々に身体全体と頭が起きてきます。ウォーミングアップのような感じです。軽く料理をするのも、掃除をするのも、出かける支度をするのも、どれも良いです。身体の調子が上がってくるとともに、心もマインドフルになってきます。

 

そして、身体にエンジンをかけるという意味では、やっぱり軽くて良いから、身体を鍛えるのが良いと感じます。習慣化しているとなお良いです。習慣にするには、あんまりハードな事は続きませんから、軽めにやるのが良くて、軽く筋トレをしたり体操をしたりするのが良いと思います。ヨガもストレッチも身体を軽めに鍛えるような感じです。身体を鍛えて、筋肉を動かして血行を良くしていくと、頭の状態もすっきりして活性化します。

 

また、身体を動かしたり鍛えたりする事のほかに、身体を癒してあげるのも良いです。朝は、一通り身体を動かしたら、コーヒーを飲んだり、音楽を聴いたり、お香を立てたりしり、感覚的にも、心身をリラックスさせると、凄く良いと感じます。窓のカーテンも開けて陽の光を入れて、外の景色をのんびりと眺めるのも良いです。呼吸は意識的にコントロールできるので、呼吸をゆっくり深くやって、心身を落ち着かせていくのも、凄く良いです。そうやって、リラックスして過ごす時間は自分に向き合う時間になって、自分を客観視したり、セルフコンパッションしたりする時間になります。そのような時間を朝に持てる事は、朝をマインドフルに過ごす事に深める事が出来て、とても良いと感じます。

 

朝は1日が始まる時間帯ですが、その時間をより良くマインドフルに過ごしたいとよく思います。その為には、頭や精神に頼らず、雑事などを通して身体を動かし、軽めで良いから身体を鍛え、リラックスした時間を過ごして身体を癒してあげるのが良いように思います。そうする事で、独りの朝がよりマインドフルで心地良くなるように思います。