40を過ぎても進化する為の習慣ブログ

いつでもどこでも習慣によって進化できると信じて、日々哲学しながら実践している事を書いています。

習慣を止めた事で新しい生活が生まれる。朝食抜きからお菓子作り。

習慣は生活や人生を形作り基盤のようなものです。無意識にやっている事から意識的にやっている事まで、毎日やっている事が自分自身を作っています。

 

習慣は、続けていく事は大事なのですが、止める事も大事です。先日は、イラストを描く習慣を止めた事で、軽い筋トレという今までできなかった新しい習慣が生まれたというお話しをしました。

 

今回は、朝食抜きを止めた事で、今は料理だけでなく、お菓子作りをするようになったというお話しです。

 

以前まで、どうも食事を摂り過ぎていたせいか、いつもお腹が疲れていて、朝起きても疲れがたまっている感じがあり、もう長い間、お腹が空くという感覚の記憶がありませんでした。この事は、自分だけでなく、妻も困っていて、どうにかしたいと思っていました。

 

そこで、妻と一緒に始めたのが、朝食抜き生活でした。1日3食という生活習慣にこだわらずに、1日に15時間程度はお腹を休めて、昼と夜だけ食事を摂るというものです。朝食を止めた事で、実際本当にお腹が空くようになって、その事が嬉しかった事を覚えています。

 

それに伴って朝の時間に余裕が生まれました。今までは、朝に朝食の準備をして、食べて、食べ終わったお皿を洗うという流れだったのですが、それが無くなった事で、色んな事をする時間が出来ましたし、心に余裕も生まれました。

 

実際、それ以前までブログは夜書いていたのですが、夜はいつも疲れていて頭をあんまり回らなくて困っていたので、夜ブログから朝ブログに変わる事で、生活が回りやすくなりました。

 

しばらくして、会社で昼はいつも社食を食べていたのですが、密になって食べる事を避けるという事も重なって、弁当を準備するようになりました。前日の夜に、空揚げやハンバーグなどのたんぱく質のおかずを作るようになって、朝にサラダなどを準備するようになりました。夜は疲れていたのに、朝にブログを書くようになってからか夜にも余裕が生まれて、夜に料理が出来るようになりました。料理が出来るようになったと言っても、大したことはできませんが、うちにはヘルシオがあるので、ある程度の物は簡単に、そして、かなり美味しく出来ます。

 

もう会社での昼弁当生活は、半年続いています。近くの同僚と昼は食事を摂っていて、わざわざ食堂まで行く必要もなく、楽しい時間を過ごせています。

 

そして、ヘルシオを使った料理を毎日のようにするようになって、その作業に慣れてきたのか、妻に習って、パウンドケーキを作るようになりました。私は菓子パンとか洋菓子とか甘い系のお菓子がとにかく好きで、これはこれで問題なのですが、お菓子を買ってくるくらいなら自分で作りたいと思うようになって作ってみる事にしました。最近はお菓子の作り方は簡単にそのレシピをネットで調べられるし、うちにはヘルシオがあるので、簡単に作れます。実際、妻に教わりながら自分でパウンドケーキを作ってみたところ、毎日のようにスーパーで買って食べていたお菓子に比べると比べ物にならない暗い美味しいのです。それから、週末はいつもパウンドケーキを作るようになりました。今まではレシピを見なくても作れるようになって自分1人で作っていて、砂糖の量を少し減らしたり、バナナを入れたり、オレンジを入れたりしてみています。作ったパウンドケーキは冷蔵庫に入れておけばしばらく大丈夫なので、一週間かけて一切れずつ食べています。

 

お菓子は好きなのですが、糖分の摂り過ぎが気になっているので、今後はもっと砂糖を減らしてよりヘルシーなお菓子を作っていこうと思っています。

 

こんな感じで、朝食を止めるようにしてから色々と生活の習慣が変わってきて、今ではパウンドケーキを自分で作れるようになりました。以前の自分では考えられない事です。

 

そういうわけで、何か上手くいっていないと感じたら、何か習慣を止めてみるのは良いと思います。生活が変わるきっかけが出来て、思いもよらない新しい生活が生まれると思います。