毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

毎日の習慣で目指しているもの。Well-being(ウェルビーイング)とHappiness(幸福)。

毎日、色んな事を習慣として行っているのですが、一体自分はそれらを何の為にやっているんだろうと考えてみると、結局のところ、最近流行りの「Well-being(ウェルビーイング)」と「Happiness(幸福)」の為にやっているだろうという事が分かってきました。

 

Well-being(ウェルビーイング)とは、ウィキペディアを見ると、「究極的に善い状態、その人の自己利益にかなうものを実現した状態」とか、「善いあり方」とか、「身体だけではなく、精神面・社会面も含めた新たな"健康"」とか、定義的な事が色々と書いてあって、また、「幸福」も含まれるような表現もあります。それらから考えると、大まかに言えば、「健康で良い状態」という事だと思います。

 

私自身、自分だけでなく、周りの人たちや社会もどうあったら良い状態になるだろう、とか、周りの人たちとの関係性をどのようにしたら良く出来るだろうとか、そういう事に関心はあるのですが、そういった事も自分自身の状態が良くなければ、自分自身に対してだけでなく、周りや社会に対しても良い事が出来ないし、役に立たない、と思うところがあります。結局、自分自身が幸福で良い状態(Well-being)である事がまず大事で、それがあってはじめて、周りの人たちに何か役に立ったり優しくなれたりするではないか、と思います。

 

実際、普段やっている習慣を考えてみると、例えば、毎日書いているこのブログも、他の誰かが読んでくれてそれで何か役に立てたらと思う一方、自分自身が日々何をして、何を考え、何を理解したかを、日記にように書き記しているところもあります。それは、自分自身のWell-beingにつながる事だし、幸福につながる事です。

 

また、習慣として、毎日軽い筋トレを1分程度やっています。膝付き腕立て伏せや腹筋、背筋、ヒップリフト、膝付きプランク、グーパートレーニングなど、ほんのちょっとですが、毎日欠かさずやっています。これは、健康の為であり、精神的に元気になる事でもあります。

 

毎日の軽い体操も同じです。毎朝、NHK教育のテレビ体操を見ながら何年も体操を続けていますが、これも健康の為であり、Well-beingを目指しているに他なりません。

 

また、私は勉強する事を大事にしていて、放送大学で勉強したり、毎日読書もしています。放送大学では、私自身大学はすでに卒業していて、大学院も出ているので、卒業を目指しているわけではなく、生涯学習としてやっています。リベラルアーツの考え方が好きで、常に教養を身につける事が重要だと思っているからです。それらは、人間や世界をよく知りたいと思うからだし、自分自身の事もよく知りたいと思うからです。人間の仕組みや自分自身の事をよく知れば、自分を上手くマネジメントできることにつながるし、コントロールできることにつながります。そして、その事が自分自身のWell-beingや幸福につながります。

 

毎日の英語の本読みもそうです。読書として新しい事も知れますし、英語の文章を通して、英語の言語の仕組みを知る事も出来ます。頭にとっても日本語だけでなく英語を使うのは心地良い事です。

 

そして、瞑想です。マインドフルネスは、まさに、自分自身のWell-beingや幸福を目指していて、瞑想を毎日やっている人は、私と同じくWell-beingや幸福を目指しているはずです。

 

そういうわけで、自分自身、自分の生活を形作るという事で毎日の習慣を大事していますが、それらは自分自身のウェルビーイングと幸福を目指しての事だという事が分かりました。自分にとって、自分の目標がどことなく分かって、すっきりした感じがあります。ウェルビーイングと幸福を目指していく事が、自分自身にも良いし、それが周りの人や社会にも役立つような気がするので、そういう方向で、これからも毎日の習慣作りをやっていこうと思います。