毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

自分の気持ちを大切にする習慣で分かる事。感情・疲れ

最近、自分の気持ちを大切にするという事で、一日の色んな時、朝の瞑想時、会社での休憩時、夕食後自宅で過ごしている時に、自分が今何を気にしているのか、今日は何を考えていたか、など思いめぐらしたり考えたりしています。そういう事をしている中で、自分自身の事で気付く事があります。今回は、それらの事についてお話ししようと思います。

 

まず、会社の事や会社の中での人間関係の事で感情が振り回されているという事です。自分自身の事でなくても、周りの人の事で何かを知ったりするだけで、自分の感情が引っ張られています。その時は感情が引っ張られてあまりその事に気付かないのですが、休憩の時などにその事を思い出したりして気付いたりします。他人の事で、それを無意識に自分と比較してしまったりして、結局は、自分の中では、周りで起こった事を反映して自分の事として自動的に考えてしまっているという感じです。だから、自分とは直接関わりのない事でも、会社の中で起こっている事、会社の中の人たちの事で、自分の感情が引っ張り回されるという事がよく分かります。

 

また、そのようにして感情が振り回されるわけですが、その事によって疲れているという事です。感情によって疲れるというと、単純過ぎますが、自分とは直接関わりのない事でも、それらによって自分の感情が引っ張られて、不安定になって、そして、あれこれ自分事として考えてしまっているという感じです。周りの事で、自分の感情に影響して、それに伴って思考が展開する感じでしょうか。思考が展開すると、色んな想像も展開しますから、その想像がネガティブな場合もあって、それによってまた感情的に引っ張られるという感じです。感情の影響から、思考、想像、そして、また、感情へ、という循環です。感情への影響は特に疲れを感じますが、思考や想像を自動的にやってしまう事も頭にとっては疲れを感じます。感情の変化は、明らかに、頭の中での活動を自動的にドライブさせている感じですから、それによって疲れは強くなります。

 

こういうような事は、平日会社に行くと毎日のように起こっています。もちろん、感情の変化は身体に基づいていて、身体の方にもフィードバックしますから、頭だけではなくて、肩や首など色んな身体の部位への疲れにもつながるでしょうし、自分の気付かない部位への疲れにもつながっていると思います。だから、改めて、毎日のセルフケア、軽い筋トレや体操の習慣が大事だと思います。

 

自分の中、自分の頭の中で起こっている事は、周りの人の事、自分自身の事区別なく、情報として入ってきては展開して、それによって感情や思考、想像を誘発している感じです。それは生き物として普通の事のように思いますし、でもそれをそのままにしていても疲れが増え続けてしまうだけですから、このような自分に対する毎日のモニターから、自分の中で起こっているパターンを見つけ出して、上手く対処して、より良く生活できるようにしていきたいと思っています。