毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

2か月続けて思う軽い筋トレのメリット。身体スイッチ・気分ポジティブ・不調不快感改善

軽い筋トレという事で、1分程度で出来る簡単な筋トレを続けてきて2か月が経ったわけですが、これまでやってきて思う軽い筋トレのメリットについてお話ししたいと思います。

 

私のやっている軽い筋トレとは、現在は、膝付き腕立て伏せ10回、腹筋10回、背筋10回、ヒップリフト15秒くらい、膝付きプランク15回くらい、グーパートレーニング30回のうち、3つを選んでやっているもので、トータル1分程度で終わります。ちなみに、グーパートレーニングとは、グーパー法とも呼ぶらしく、単に手をグーパーグーパーする運動の事をそう呼ぶそうです。インターネットにも色々と記事があって奥が深そうです。

 

早速メリットですが、まず、これはいつも言っている事ですが、身体にスイッチが入るという事です。非常に即効性があると思います。軽くとは言え、身体の筋肉を動かしますから、身体が活性化してくる感じになって、その後動きやすくなります。行動力アップという感じです。面倒臭い家事がなかなかやれずグズグズしてしまう時などは効果的です。

 

そして、気分がポジティブになるという事です。私自身2か月続けているのですでにそうなっているのかもしれませんが、軽く筋トレをすれば、気分がすぐに切り替わるように感じます。そして、即効性があるように感じます。だから、気分が滅入ってきたときにやると、気分が変わって前向きになりやすくなります。もちろん、習慣として毎日続けている事で、筋トレをやっていなかった時よりも、メンタル的にポジティブになったと感じます。筋トレを凄くやっている人はたいてい元気いっぱいで明るい感じですが、そこまでいかないにしても、本当にそんな感じで気分や気持ちはポジティブです。元気を出したい、やる気を出したいという思う時にはとても良いです。

 

もうひとつ言うと、その時の身体の不調とか不快感が改善するという事です。やはり、軽く筋トレをする事で、身体の血行不良が改善したり、自律神経が整ったりするからだと思います。私は、肩こり、首こりなどで悩んでいるタイプですが、先日朝起きた時もそんな感じがあったのですが、軽く背筋をやった時に、背中側の血行不良が改善されたおかげか、凄く楽になりました。ヒップリフトなども凄く良くて、この筋トレ自体凄く簡単なものですが、腰の前側とお尻側の両方の筋肉を動かすもので、腰回りの痛みが軽減する感じがあります。まだ、自分自身6種類しか筋トレを取り入れていないですが、色んな身体の部位を動かす軽い筋トレのレパートリーが出来てくると、身体の不調改善、不快感改善が万全になってくるのではないかと期待しています。

 

今回はこんなところです。私自身、基本毎朝、仕事から帰宅した毎夜、という感じで、1日に何回とは決めてはいませんが、このところ2回はやっています。家にずっといる時は多分それ以上やっています。楽ですし、上に挙げた即効性のあるメリットもありますから、全然苦ではありません。そんなわけで、今後また、軽い筋トレを続けてメリットが見つかったらお話ししたいと思います。