毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

軽い筋トレの習慣1か月。振り返り。筋肉ついた・いつでも筋トレ・スイッチを入れる

身体を動かす習慣を増やしたいという事で、以前から習慣化したかった筋トレが習慣化してきたように思います。筋トレと言っても、ごく軽い筋トレです。それでも、毎日続けて1か月は経ちました。なので、振り返りをしておこうと思います。今思う、ここまで続けてきた効果についてお話しします。

 

その前に、どのような筋トレをしているかお話します。筋トレは、最近は時間は決めていません。最初のうちは夜だけでしたが、しだいに朝もするようになって、そして今では朝も夜もやっています。やっている筋トレは、膝付き腕立て伏せ10回、腹筋10回、背筋10回、ヒップリフト15秒くらい、膝付きプランク20秒くらい、の5つで、そのうちの3つを1回の筋トレで行っています。1回の筋トレで1分程度です。非常に楽です。筋トレの習慣化には継続出来る事が大切ですから、ハード過ぎない軽めの事から始めるのが良いと思います。

 

では、今思う効果についてお話しします。まず、筋肉がついたという事です。物凄くついたというわけではありません。でも、以前に比べると、胸筋もついたし、お腹回りの筋肉もついています。お腹回りは明らかにすっきりしました。私は基本的にやせ型なのに、お腹回りは筋肉が無くてポチャッとしていたのですが、軽めの筋トレを続けてきた事で筋肉がついて、お腹回りを筋肉で引き締めている感じになっています。見た目も良い感じです。これは嬉しい効果です。

 

あと、習慣化したという話なので当たり前の話ですが、筋トレをしようと思ったときにいつでも筋トレが出来るようになりました。1分で出来る軽めの筋トレなので、やった後に凄く疲れるという心配もなく、また、筋トレの為に準備をしたり、時間がかかったりしないので、軽い気持ちでやれます。極端な例で言うと、のどが渇いたから水飲もうみたいな軽さです。なので、毎日継続という状態というより、生活習慣の一部として定着しているので、時間を決めるとかルーティンに落とし込むとかそういう感じでもなく、思い立った時にやるみたいな軽さが身につきました。

 

そして、いつでも軽い気持ちで筋トレをしようという感じに慣れてきた事もあって、自分にスイッチを入れやすくなったという事です。筋トレをすると身体が活性化するので身体のフットワークが軽くなりました。また、身体が活性化する事ですぐ何かしようと気になります。メンタル的に鬱っぽくなった時、ネガティブな感じになってきたときにも、とりあえず軽く筋トレをする事でポジティブになります。たまにはネガティブな感情に向き合う事も大事なので、そういう時はネガティブな状態も大切にしたらよいと思いますが、一方で自分をメンタル的にポジティブに持っていきたい時は、さっと軽く筋トレをする事でポジティブに持っていけます。そのようにして、身体の活性化だけでなく、気持ちの切り替え、マインドの切り替えみたい感じにも使えます。そういう意味では、家でだらだらしなくなってきたと思います。私にとってはとても良い事です。

 

とりあえずそんな感じです。筋肉もついてきたし、いつでも筋トレできるようになってきたし、身体の面だけでなく気持ちの面にもスイッチを入れやすくなりました。今のところ、良い事ばかりです。

 

今後、とりあえずは現状維持でも十分なので、今の感じでいこうかなと思っています。何か変化が欲しくなったら負荷を上げたり、筋トレのメニューを追加したり工夫をしていこうと思っています。