40過ぎでも進化する為の実践ブログ

りべしんと言います。40半ばを迎えたサラリーマンが、今からでも進化できると信じて日々考えて実践している事を書いています。

情報に振り回され自己を見失う時代。自分に向き合う時間を作る。

現代は、インターネットが発達して、また、ラインなどのSNSも発達して、世の中の情報やメディア、特にSNSを通した人々の声に、振り回されやすい時代だと思います。人間は、自分の脳に情報が入ってくると、それに気を取られたり、思考やジャッジを始めたりしますから、常に活発に脳が活動して、自分を育てる時間はありません。外部の情報など何かに脳が警戒し続ける事や、それによる不快感や嫌悪感のような、また、辛さや苦しさのような感情に基づく脳内のサインは、脳でほぼ自動的に起こりやすいですから、自己が定まらず見失われがちです。そのような感じでずっと生きていると、自己がいつまでも確立して安定に生きていけません。

 

なので、情報に振り回されて自己を見失いやすい時代だからこそ、自分に向き合う時間を積極的に作る、という事についてお話ししたいと思います。特に、主体的な自己を作る、自分に向き合う、瞑想、内省、自己理解、についてお話しします。

 

意識する事は、主体的な自己を作っていくという事です。これは、子供の時だけではありません。10代や20代は自己が定まらず、世の中に翻弄されやすくて大変な時期ですから、とても大事です。社会に対する適応の障害みたいに、皆なりやすいと思います。それは、30代でも、40代でも、同じです。主体的な自己を、自分なりに確立していくようにしていく事は、自分を安定にし、生きていきやすくする上で大事だと思います。

 

インターネットなどのメディアの情報を遮断するという方法もありますが、他人と接したり、社会の中で生きていこうとしていく中で、世の中の情報なしで生きていく事は難しいと思います。でも、そのようなたくさんの無秩序な情報の中にただ身を任せていると、辛さや苦しさ、孤独、生きづらさなどのネガティブな感情を体験する事にもなります。それらの身体から発せられるサインは、ノルアドレナリンコルチゾールに基づいていて、危機を伝えようとしていて、回避せよと言っているわけですから、身体的には何とかしないといけないんですが、だからと言って、そのネガティブの感情のサインは、人間として決しておかしなことではありません。言い方を変えれば、自分がこれからどうやって生きていくかを考える、大事なサインです。自分だけの、自分を助けてくれる、もしかしたら、より良い人生に導いてくれるチャンスにもなります。だから、それらのネガティブな感情にしっかり向き合う事が大事だと思います。

 

毎日、世の中の情報やメディアを通した多くの人々の様々な活動や声に、意識や注意が持っていかれたままだと、自分と向き合う事を忘れがちです。だから、出来れば毎日、そうでなくても、毎週末とか、ゆっくり自分と向き合う時間を作る事が大事だと思います。瞑想は最近流行っていますが、とても良いと思います。瞑想をして、自分を観る習慣を作ることは自分を育てます。瞑想に取り組んで、自分を心静かに観て、感じている痛みの感情を感じて知って、自分の苦しみや悩みを知って、受け入れる。そういう事を、習慣として、やっていく事が望ましいです。それを続けていくと、自分に対する理解が深まっていくと思います。この忙しい時代、このような事をしないと、自分自身が何を感じ考えているかも知る事が出来ないという事があります。自分をよく知っていないと、無意識に、周りの情報や人々の声に振り回されて、注意や意識が自分ではなく周辺に常に囚われて、自己を見失い、場合によっては辛さや苦しさの嵐が吹き荒れたりします。なので、出来るだけ自分をハンドルできるように、瞑想をして、内省をして、自己理解を高めていきましょう。

 

話の内容は月並みなものだとは思うのですが、思っているより現代は情報に翻弄されます。特に若ければ若いほど翻弄され、生きづらさを感じると思います。なので、主体的な自己を作っていく事の大事さ、そして、自分に向き合う時間を作る事の大事さについてお話ししました。そして、自分自身の自己理解が高めれば、その上でどうしようか、自分は何がしたいか、場合によっては、誰と話そうか、話したいか、も考えられるように思います。

 

人々は歴史の中で生きています。人類の歴史を俯瞰し理解する事はとても難しい事です。でも、その時代の歴史の影響を受けながら、ちっぽけな一人一人の人間は生きているという事は確かです。そして、つながりは大事と言われる時代になりました。それはそれで大事ですが、一方で、人間は個人というフィルターを通して世界を見ています。世界の視点で、言い換えれば神の視点で、世界を俯瞰できません。自分という一個人のフィルターを通して、です。ですから、主体的な自己を持つことは大事です。現代、という時代は特に重要です。これからはもっと重要になっていくかもしれません。そういう意味でも、ぜひ主体的な自己を意識して、自分に向き合う時間を作っていきましょう。