毎日の習慣や哲学の実践をつづる40代ブログ

毎日の習慣、考えている事、実践について、基本哲学好きとして、とにかく書き続けている40代です。

つらい事があった時。受け止める。

人生、生きていると、つらい事、悲しい事、ってあると思います。つらさ、悲しさ、心の痛みに対して、そのままにして耐え続けるのは大変な事です。でも、人生、それぞれの人にとってそれぞれの乗り越え難いつらさというのはあって、何とか自分で向き合っていかざるを得ません。

 

そういう時は、つらさを受け入れる。そして、そのままにしておく。そういうお話ししたいと思います。

 

まず、そのつらさを受け入れるという事です。つらい事があった時、その事実を受け入れるのが嫌で、つらさを感じないようにして、関係のない事をしようとしたり、他人や他の事のせいにしたり、自分に言い訳をしたりして、そのつらさを避けようとしてしまいがちです。でも、中途半端につらさを避けようとすると、そのつらさの原因が何だったのか、そのつらさが自分にとって重要な事なのか、そういう事も自分自身認識できなくなってしまいます。人というのは、意外と自分が本当につらいと感じている原因が分からないものです。その原因は実は自分にとってとても大事なもので、でも、そのつらさが嫌で気付かないようにして原因に気付かずにいたら、ずっと自分にとって大事なものが何か、気付けないかもしれません。ですから、自分の事を深く知る為にも、つらさはちゃんと向き合って、つらさから逃げずに受け入れる事が大事だと思います。

 

そして、そのつらさ、心の痛みの原因を無理に理解しようとしたり、解釈しようとしたりせず、とりあえずそのままにしておく、という事です。自分が本当につらいと感じるかどうかは、言葉にしようとすると分かりにくくなる場合があります。それより、まずはつらさという感情を、しっかり体験できるようにする方が良いと思います。つらさをしっかり体験するのは、それこそつらくて耐えられないという気もしますが、しっかり体験しないと、つらさが自分に訴える大事なメッセージを見逃すことになります。言葉は明確で、論理的にいくらでも自分に対して説明できてしまいますから、正しく受け取れない可能性もあります。感情は、言葉よりもダイレクトに自分に訴えてきますから、まずは、すぐに解釈しようとせずに、そのままつらさや心の痛みを受け取れるように、感情に任せてそのままにしておくようにしましょう。

 

むしろ、つらさに対しては、時間をかけて対処する方が良いと思います。時間をかけていくと、自ずとそのつらさの理由や自分にとって大事な事が分かってくるものです。時間をかけて、心の痛みを感じながら、受け入れていく、そういうプロセスが、自分が本当に大事にしようと思っている事を気付くチャンスになると思います。

 

人というのは、自分にとって本当に大事な事は意外と気付けないものです。こういう、つらさ、悲しさ、心の痛みを体験したときは、それらを知る良い機会にしましょう。前進できます。