40過ぎでも進化する為の実践ブログ

りべしんと言います。40半ばを迎えたサラリーマンが、今からでも進化できると信じて日々考えて実践している事を書いています。

メタ認知を高める習慣を作る。毎日新しい自分に気付く。

人は習慣によって形作られているわけですが、自分が望んでいるように変わっていかない、どのように変わっていけばよいか分からない、そういう悩み、苦しみってあると思います。何か新しい事に取り組んだり、今までやってきたことを見直して修正したりして、実質的な生活や習慣を変化させていく事は出来ますが、自分自身のより深い部分から変えたい、でも、何か凝り固まっていてなかなか変われない、どうやったらよいか分からない。あると思うんです。

 

私は、基本的に毎日瞑想をする事を習慣にしていますが、瞑想が上手くいっているかどうかはさておき、毎日のように目を閉じて自分に向き合っていると、自分がいかに多くの事を気にしていたり、悩んでいたり、考えているかという事に気付きます。そうやって、落ち着いて内省して、自己理解を進めて、自分に対するメタ認知を高めていく。そうする事で、自分を内側から変えていけるように感じています。

 

メタ認知とは、自分自身を客観的に観て、自分の行動の様式や思考のパターン、など自分自身を高度に認知することです。メタ認知を意識する事によって、今まで気づかなかった自分に気付いて、自分のものの考え方や行動を見直すことで、自分自身を自分で修正し、変えていく事が出来ます。

 

なので、メタ認知を高める習慣を作っていく事によって、自分自身を変えていく、というお話をしたいと思います。

 

実際には、瞑想をするように、静かに目を閉じて、内省する事です。そして、自分自身の最近の事について思いを巡らせたり、特に意図して何かを考えようとせず頭に湧いてきた事をただ漂わせたりするだけで十分だと思います。そして、「自分はこんな事を嫌だと思っているんだ」とか、「こんな事が好きだと思っているんだ」とか、普通に過ごしていて気づかなかった自分の事について色々発見できると思います。コアの自分に、自分自身で寄り添う感じでしょうか。こんな感じで瞑想のように目を閉じて自分に向き合っていると、色んな自分に出会えます。こういう時間やとても大事です。これを毎日の習慣にしていくと良いと思いますし、毎日リラックスタイムを作る事もできるので、凄く有効だと思います。

 

このように、メタ認知を高める習慣を身につけていく事で、自分がどのように形作られているのか、いつもどのように考えているのか、感じているのか、に気付けるようになると思います。そして、そういう気づきから、今後どのように自分の考え方を変えていきたいか、行動を変えたいか、などの指針になると思います。この認知行動療法のような事を習慣として行っていく事で、より自分自身を変えていけると思います。

 

世の中は忙しくて、情報も多いですから、頭の中は大忙しで、自分自身について内省することを忘れがちだと思います。そして、人はやっぱり自分自身で自立していく事は大事ですし、そのためにも、自分をよく知る、自己理解を進めて、メタ認知を高める、とても大事です。私はまだその途中ですが、これからもこの習慣を続けていきたいと思っています。人生はより自分の思う豊かな方向に持っていけると思っています。