40男りべしんの、より良い人生を目指すブログ

りべしんです。40半ばを迎えたサラリーマンが、より良い人生を目指して日々やっていることをお話ししたいと思っています。

人間関係の創る方法が分からない。それはイノベーション。

恋愛でも、友人関係でも、良い人間関係を創っていきたいものですが、大人になってくると、なかなか容易ではないように感じますよね。働いたり、家族をやったりするのが大変で、人間関係を創っていく余裕がないのが現状だと思います。そこで、改めて、人間関係をどうやって作ったらいいのか、考えてみたいと思います。

 

人間関係を作る為に必要な事は、新しい関係性を創っていく事を心がけることだと思います。例えば、恋愛関係を想定した場合、自分と相手とで、新しい何かを創っていくという事です。その何かが二人の関係性です。自分が一方的に相手を好きになるのではなく、逆に相手が自分を一方的に好きになるのでもありません。そして、お互いに好きになるという事が良い事と思うでしょうが、実際はそう単純なものではなく、自分と相手とで、二人の間にお互いに何か新しいものを提供しあって、その共同作業で創ったものを二人で大事にすることです。だから、自分も共同作業を創ることに参加しないといけないし、相手もその共同作業に参加しないといけません。そうやって、お互いに共同作業に参加して新しいものを創造するのです。片方が手を抜けば、その創造物は出来上がりません。二人で支えあうのです。それが関係性です。良い恋愛関係は、相思相愛を単に維持しているのではなく、二人で二人の愛を共同作業で創造しているのです。いわゆる、イノベーションを二人で起こしているのです。

 

これは、友人の関係性も同じだと思います。友人関係ができるとき、例えば高校の頃に同じ部活に入っていて、一緒に練習をして、お互い何かを目指しています。そして、一緒にその目標に向かって切磋琢磨してやっていくのです。その間に、二人の特別な関係性が出来てきます。それは、きっと二人の間での共同作業で育まれた関係性です。部活を通したかけがえのない関係性です。良い友人関係とは、そのような共同で行った特別なものや事を共有しているはずです。

 

つまり、人間関係とは新しい創造であって、イノベーションなのです。二人の共同作業がなければ生まれません。

 

会社で働いていると、なかなか仕事上、それ以上の関係性になるのは難しいと感じると思います。仕事はある意味遊びではないですから、そこで容易に友人関係を作れないように感じます。ですが、良い人間関係は構築できます。上のイノベーションです。お互いそれぞれに、仕事上のメリットになるように人間関係を構築しているようでは良い人間関係はできません。二人で、特別な何かを、仕事を通してでも構いませんので、創造していくという意識が大切です。ちょっとした会話から、お互いの特別な接点や会話を探って、それらを二人の創造物にしていくのです。それが二人のかけがえのないものになっていきます。仕事もプライベートも関係ありません。人間関係は、イノベーションですから、新しい何かを創造するつもりで関係性を構築しようとしてみてください。きっとうまくいきます。